Translate

【雪山テント泊】幕営適地の見つけ方と注意点

夏山では、緊急時を除いて指定された場所以外にはテントを張ってはいけません。
植生を痛めてしまう為です。地面に直にテントを張ってしまうと、その場所には草木や高山植物が数年の間生えなくなってしまいます。
一方、雪山では雪がクッションの役割を果たすため、自由に幕営できる(とされています。)

この分、雪山では幕営の自由度が広がり、以下の点でメリットがあります。

  • 幕営地が存在せず、日帰りせざるを得なかった山に一泊二日で余裕を持って登ることができる
  • 景色の良い場所に幕営でき、朝日、日の出、夜景を楽しめる

そうはいっても、「自由に幕営していい」といきなり言われても困りますよね。。
そこで、今回の記事では、雪山での幕営地の見つけ方をご紹介します。

本記事の対象者

すでに営業小屋で何度か雪山テント泊をしたことがあり、非テント場での幕営に興味のある方
(雪山テント泊経験のない方が、いきなり本記事の内容を実践しないようにお願いします。雪山で防寒着やガスバーナーを忘れたり、シュラフを水浸しにした場合、暖を取れなくなり助けてくれる人もいません。冗談抜きで遭難します。)

(雪山テント泊の寒さ対策については、こちらの記事を参照)

方法1.書籍に頼る

山と渓谷社「雪山登山ルート集」(西田省三著)や、山と渓谷社「雪山登山」(野村仁著)には、雪山における幕営適地が記されています。
筆者は何度もこれらの本にお世話になっています。この方法が最も確実です。

方法2.自分で探す

上記の本では、一部の有名な山岳しか紹介されていません。
そこで、自分で幕営地を探す方法を以下に紹介します。
(尚、この方法は等高線を読める人のみ実践してください。
中途半端な知識で以下を実践すると、危ないです。)

まず、山に登る前に、あらかじめ山と高原地図を購入し、なるべく平らな場所(=等高線の感覚が広い場所)を数か所ピックアップしておきます。この「平らな場所」が、幕営地の候補となります。これを候補地とし、実際に山に入って幕営できるかを確かめます。この際のポイントについて、以下に記載します。

(宣伝)山と高原地図は、登山をする上での注意点や、夏山ではありますがコースタイムが詳細に記入された素晴らしい地図です。皆さんどんどん買いましょう!

山と高原地図(昭文社)
created by Rinker

ポイント1 樹林帯内に幕営しよう

森林限界以下の樹林帯の中に幕営しましょう。
理由は、森林限界より上では直に風の影響を受けるため、強風が吹くとテントが飛ばされることがある為です。
雪山の非テント場でテントを張っている場合、基本的に自分たちのグループ以外は誰もいません。その環境下でテントを飛ばされた場合、誰も助けてはくれません。1~3月であれば、気温は-10℃を下回るでしょう。テントを飛ばされた瞬間に遭難します。

どの地点が森林限界なのかは、山と高原地図に書いてある場合があります。
書いていない場合はあらかじめヤマレコを参照して調べておくか、事前に登ってリサーチしておきましょう。

(補足1)てんきとくらすの予報などで風速が10mを下回ることが分かっている場合には、森林限界上に幕営するのも有りです。
(補足2)強風だけど、せっかく山で夜を過ごすのならば樹林に阻まれずに絶景を見たい!という人もいるでしょう。この場合は、「森林限界よりも少し手前に幕営する」のが良いです。夜中にテントを抜け出して、森林限界より上に移動して景色を眺めましょう。
(補足3)ある程度であれば風が強くても、テントの周りに雪の壁を作れれば大丈夫です

ポイント2 森林限界より上に張る場合、鞍部、雪庇上は避けよう

行程上の問題もあり、森林限界よりも上に幕営したい場合もあるでしょう。
この場合は、鞍部に幕営するのは避けましょう。
(鞍部=峰と峰、山と山を結ぶ稜線上で尾根が一番低くなっているところ)
理由は、森林限界より上の鞍部は風の通り道となっており、雪が飛ばされていたり、強風にあおられる可能性が高いからです。

また、稜線上では雪庇が発達している場合があります。
決して雪庇の上にはテントを張らないようにしましょう。
雪庇は一見平らに見えますが、雪が軽く乗っかっているだけです。
雪庇が崩落すれば、テントもろとも谷底に真っ逆さまです。

鞍部や雪庇の心配をしたくないのであれば、森林限界以下に幕営するのが一番です。

ポイント3 雪崩の通り道にはテントを張らないようにしよう

例えどんなに平らでも、雪崩の通り道にはテントを張らないようにしましょう。
以下の条件の場所では、雪崩が通りやすいです。

  • 斜度が40度を超えるような急斜面の直下
  • 谷状の地形の底
  • 雪庇の下

尚、このサイトに雪崩の起きやすい地形について詳しく解説があります。

ポイント4 あらかじめ下見しておこう

可能であれば、あらかじめ幕営候補地の下見をしておきましょう。
下見をするのは無雪期でもいいですし、雪山日帰りでもいいです。
下見をしておくべき理由は、 等高線が平らだったとしても、木が密集して生えていて幕営できない場合があるためです。
いきなり雪山テント泊をしようとして、「実は幕営できなかった!」となった場合、遭難するリスクがあります。

ポイント5 複数個所をピックアップしておこう

下見できない場合には、幕営候補地を数か所ピックアップしておきましょう。
山に入り幕営候補地のあたりにたどり着いたら、テントを張れるスペースが無いかを探しながら歩きましょう。 候補が多いほど、1か所くらいは幕営地があるものです。
尚、この場合は可能な限り早く幕営候補地にたどり着くことを心がけましょう。テントを張れないまま日没を迎えると、それは遭難です。

傾斜が緩く、風を避けられそうで、 テントを張れるスペースがあれば、それはあなただけの幕営地です。

ポイント6 文字通り下調べが命

これは言うまでもないことですが、下調べ無しで山に入ったのちにゼロから平らな場所を探しているようでは遅いです。雪山の時期は日が短く、探しているうちに日が暮れて遭難、ということにもなりかねません。

ポイント7 登山道を塞がないようにしよう

いうまでもないことですが、テントで登山道を塞がないようにしましょう。

方法3.ヤマレコで探す

積雪期のヤマレコの山行記録を見ると、どこで幕営したか書かれている場合があります。ヤマレコは先人たちの知恵です。うまく活用させていただきましょう。
ただし、ヤマレコの山行記録において森林限界上で幕営している場合などは、気象条件によっては同じ場所に張れないこともあります。
また、人によっては雪庇上の危ない箇所に張っている場合もあります。
方法2と合わせて、ヤマレコと同じ場所に幕営してもいいのか、必ず自身で判断してください。

これまでに筆者が幕営した箇所の紹介

以下に、これまで筆者が幕営した場所の写真と等高線を紹介します。
等高線で赤いバツ印が付いている箇所が幕営地点です。
幕営地が森林限界より上なのか、樹林帯の中なのかも合わせて紹介しています。
尚、森林限界より上で幕営しているのは、ほとんどが風速10m未満のときです。
風速の強い予報の日に、森林限界より上でテントを張らないようにしましょう。

(写真)小遠見山 頂上
森林限界より上

(等高線)小遠見山 頂上
森林限界より上

(写真)越後駒ケ岳
森林限界より上

(等高線)越後駒ケ岳
森林限界より上

(写真)乗鞍岳
樹林帯内 森林限界直下

(等高線)乗鞍岳
樹林帯内 森林限界直下

(写真1)仙ノ倉山 北尾根 全景
森林限界より上

(写真2)仙ノ倉山 北尾根 拡大
森林限界より上

(等高線)仙ノ倉山 北尾根
森林限界より上

(写真)朝日岳~巻機山間稜線
森林限界より上
ただし、稜線より東側に張っているため、西側からの風は稜線が防いでくれた

(等高線)朝日岳~巻機山間稜線
森林限界より上
ただし、稜線より東側に張っているため、西側からの風は稜線が防いでくれた

(写真)日光白根山
森林限界直下

(等高線)日光白根山
森林限界直下

(写真)白馬岳 双子尾根
森林限界より上

(等高線)白馬岳 双子尾根
森林限界より上

(写真)北岳 ボーコン沢ノ頭
森林限界より上

(等高線)北岳 ボーコン沢ノ頭
森林限界より上

(写真)爺ヶ岳 南尾根
森林限界直下
いま見返すとやや雪庇よりに幕営していた。もう少し右に張るべきでした

(等高線)爺ヶ岳 南尾根
森林限界直下
いま見返すとやや雪庇よりに幕営していた。もう少し右に張るべきでした

注意 ゴミや糞尿は持ち帰ろう

ゴミはもちろんのこと、残飯や糞尿を必ず持ちかえりましょう。
「残飯や糞尿は自然に帰るから…」「この地点は無雪期には誰もこないから…」という考え方はよくありません。

今年の5月連休の残したもの。
未だに雪の中にゴミを埋めていく、残飯を捨てていく人がいるのは残念です。
カラス等の動物を呼ぶきっかけになり、雷鳥などへの悪影響も懸念されています。
持ち帰りが出来ない人は、来ないで!#立山 #雷鳥沢キャンプ場 #放置ゴミ #5月連休 pic.twitter.com/5HYpJa2Wcy— すぎやま もちやす (@sugibon1) 2018年5月21日

人の残飯を食べた熊は、人の命を狙うようになります。
糞尿に含まれる大腸菌が悪さをし、雷鳥が病死しているとのデータもあります。

これらは、本来自然界には存在しないものです。
携帯トイレを持参しましょう。

山に残していいのは足跡だけです。

関連記事

雪山では常に氷点下10度を下回るため、寒さ対策が必須です。
対策が甘いと、寒さで眠れなくなります。
寒さ対策については、以下記事をご覧ください。

厳冬期(1~2月)の3,000m級峰の夜には、気温は-20℃まで下がることがあります。よってテント泊をする際には、かなりの寒さ対策をしてお...



雪山では雪を溶かして水を作ります。
ガソリンバーナーが推奨されることも多いですが、普通のガス缶タイプのバーナーで十分です。
雪山でも使える(筆者が使った実績のある)バーナーについては以下記事をご覧ください。

山でご飯を食べる際、調理器具を持っていくと食事の選択肢が広がります。ドライフード(お湯を入れるだけで調理できる食事)はもちろんのこと、食材...




今回の記事は以上になります。

error: Content is protected !!