Translate

PRIMUSのP-153ウルトラバーナーを登山にオススメする3つの理由

山でご飯を食べる際、調理器具を持っていくと食事の選択肢が広がります。
ドライフード(お湯を入れるだけで調理できる食事)はもちろんのこと、食材を持ち込んで自身で調理をすれば、街中と変わらない料理を楽しむことができます。

調理器具でメインとなるのはバーナーです。
バーナーの性能はメーカーや型番によって千差万別です。
小さいバーナーだとコッヘル(食器)をバーナーの上でひっくり返してしまい、水や食料を失うばかりではなく、テーブルを汚してしまいます。

また、弱火にできないバーナーを使ってしまうと、食事中の水が突沸して服にシミを飛び散らせることもあります。(いずれも筆者経験済みです)

筆者はこれまで4種類のバーナーを使ってきましたが、結局PRIMUSのP-153ウルトラバーナーに落ち着きました。
今回の記事では、PRIMUSのP-153ウルトラバーナーをオススメする理由を3つ紹介します。

底面積が大きく、滑り止めも付いているためコッヘルを倒しにくい

P-153ウルトラバーナーのオススメポイント1つ目は、底面積が大きく、しかも滑り止めが付いているためコッヘルを倒しにくい点です。

筆者は、鍋料理や2人分以上のヤマメシを作るときには直径15センチの大きなコッヘルを使って調理をします。この場合にサイズが小さかったり滑り止めが付いていないバーナーを使ってしまうと、手がコッヘルにあたったり、重力で滑ったりして倒してしまうことがあります(筆者経験済み)

以下は、P-153ウルトラバーナーに直径15センチのコッヘルを置いた図です。
P-153はコッヘル全体を保持しており、しかもバーナーのギザギザのおかげでコッヘルとの間に摩擦力が働くため、コッヘルを倒す心配はほぼありません。
安心してヤマメシを楽しむことができます。

P-153ウルトラバーナーに直径15センチの大容量コッヘルを置いた図。
バーナーの面積が大きく、しかも滑り止めのギザギザが付いているためコッヘルが滑る心配はほとんどない。


弱火調整ができる

P-153ウルトラバーナーのオススメポイント2つ目は、弱火調整ができる点です。

意外かもしれませんが、他社大手メーカーのバーナーでは、弱火調整ができず、強火でしか使えないものも多いです。(無理やり弱火にしようとすると、火が消えてガスだけが漏れ続けます)
強火でコッヘルを熱し続けた場合、鍋が吹きこぼれたり、ガスの使い過ぎによるガス欠が発生しやすくなります。

P-153ウルトラバーナーであればダイヤルを回して弱火にしても安定して火が付くため安心です。

P-153ウルトラバーナーの火の勢いを撮影した図。
(左:弱火  右:強火)



P153ウルトラバーナー
P-153ウルトラバーナーの火力調整動画

使わないときはコンパクトに収納できる

P-153ウルトラバーナーのオススメポイント3つ目は、コンパクトに収納できるのでザックの容量をあまり取らない点です。

これは、特に荷物をなるべく小さくウルトラライトにしたい場合や、そもそもザック容量に余裕のないテント泊の場合に、大きなメリットとなります。
バーナーのためにわざわざ1サイズ大きなザックを購入しなくて済みます。

意外にも、他社製のバーナーではコンパクトにできないか、できたとしてもほとんどサイズが変わらないものも多いです。

P-153ウルトラバーナーの収納図。
(左:コンパクト収納時  右:使用時)

合わせて買いたい

以下に、バーナーと合わせて購入しておきたい品々を紹介します。

ガス缶

ガス缶は多めにストックしておきましょう。
容量の少ないガス缶だけを山に持っていくと、山中でガス欠になってヤマメシを作れなくなることがあります。
尚、PRIMUSのガス缶にはノーマルとハイパワーの二種類がありますが、後者をオススメします。理由は、水が沸く時間が倍以上短くなる為です。

スタビライザー

ガス缶を安定して立てられるようになるスタビライザーを買っておきましょう。
山中では不安定な地面にガス缶を置く場合も多く、この場合にはガス缶ごとコッヘルを転倒させることがあります。
しかし、スタビライザーを付けることでガス缶の底面積が増え、安定性が抜群に高まります。

チャッカマン

電子式ではないチャッカマンやライターを買っておきましょう。
酸素の薄い高所ではバーナーに内蔵されている電子着火装置が付かないことも多く、この場合にはチャッカマンで点火する必要があります。

アルファ米

「ヤマメシを作りたいけど、何から手を出していいかわからない」という場合には、最初の1食としてアルファ米を買ってみましょう。
アルファ米はお湯を入れて15分で白米が炊けるという優れもので、味も20種類くらいあり豊富です。

チタン製コッヘル

ヤマメシにはコッヘル(金属製の食器)が必要不可欠です。
コッヘルの素材で最高級なのはチタンです。
チタンは軽さと頑丈さを兼ね備えた金属です。
チタン製のコッヘルであれば山に持っていっても荷物が重くならず、しかも頑丈なのでザックの中でコッヘルが変形することはありません。
(アルミもチタン同様に軽い金属ですが、剛性が無いためザックの中で変形することがよくあります)




今回の記事は以上になります。

P-153ウルトラバーナー、スタビライザー、コッヘルがセットになったお得なセットはこちら

この記事に「いいね!」と思ったら、SNSでシェアをお願いいたしますm(_ _)m

フォロワーも募集中です。

error: Content is protected !!