Translate

プロ野球ナイターを撮影するコツ~カメラ、レンズ、設定、作例紹介~【富士フイルム】

プロ野球のナイターを撮影するのはとても難しいです。
なぜならば、暗い環境で選手が素早く動くからです。

決定的な一瞬を綺麗に(ブレなく、ピントを合わせて)撮影する為には、最低限、性能の高い機材(カメラとレンズ)が必要です。さらに、これらの機材を使っていてもカメラの設定が正しくないと、綺麗に撮ることはできません。

選手にピントが合わない、選手がブレてしまう、写真にノイズが乗ってしまう、選手が小さい、意図した瞬間を撮れない、などです。

そこで今回の記事では、プロ野球ナイターを撮影できるカメラ機材、設定値、そして作例を紹介します。

機材

プロ野球ナイター撮影に必要となる機材を、以下に紹介します。

カメラ

センサーサイズが大きく高感度耐性に優れているカメラが必要です。
なぜならば、プロ野球ナイター撮影では、暗い環境で素早く動く選手を撮影するために、シャッタースピードを速くしてISO感度を高くする必要があるからです。

センサーサイズとしては、フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ の順に大きくなります。
ちなみに、コンデジやスマホのセンサーサイズはマイクロフォーサーズよりもはるかに小さく、実用的ではないでしょう。

次にカメラに求められる性能は、連射性能です。
すばやく動く野球選手の1瞬を捉えるためです。

今回は、富士フイルムのミラーレスカメラ・X-T3を選びました。
X-T3のセンサーサイズはAPS-Cですが、このサイズの中では高感度耐性に優れています。個人的には、ISO6,400程度までであればノイズを許容できます。

連射性能はjpegのみの撮影なら1秒あたり11枚、jpeg+RAWの場合なら同10秒と、標準的な数字です。

レンズ

35mm判換算で400mm以上の望遠レンズが必要です。
このレンズであれば、選手の体をアップで捉えることができます。

また、なるべくF値の小さい(=明るい)レンズがオススメです。
前述の通り暗い場所でシャッタースピードを高くする必要があるため、レンズから多くの光を取り込む必要がある為です。

今回は、レンズとして富士フイルムのXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRを選びました。

このレンズは35mm判換算で152-609mmの望遠域をカバーする超望遠ズームレンズです。
望遠端における解放F値は5.6となっており、一般的な超望遠ズームレンズのF6.7よりも0.5段程度明るいです。




XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRの価格や重量が許容できない場合には、次点としてXF55-200mmF3.5-4.8R LM OISをオススメします。

このレンズはXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRと比較して焦点距離が半分になっていますが、その一方で望遠端の解放F値が約0.5段が明るく、軽量で、しかも比較的安いというメリットがあります。

SDカード

UHS-II (U3/V90)の高速書き込みができるSDカードがオススメです。

前述の通り、野球撮影では連射することで目的の1瞬を切り取ります。
一般的な低速タイプのSDカードを使ってしまうと、SDカードへの書き込みに数十秒掛かってしまい、ほとんど連射ができなくなってしまいます。

SDカードの容量は128GB以上、できれば256GB以上が良いです。RAW+JPEGで連射しているとすぐにカード容量を食ってしまうためです。
JPEGのみでしか撮影しないのであれば、これより小さい容量でも良いかもしれません。

レンズフード

レンズフードを取り外して撮影しましょう。
レンズフードは長いため、撮影中のレンズフードが前の座席の人に当たってしまいます。

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRの場合には、レンズフードを外しておけば前の座席の人に当たることはありませんでした。

設定

以下に、プロ野球ナイターを綺麗に(ブレなく、ピントを合わせて、目的の一瞬を)撮影するためのカメラ設定を紹介します。

連射

カメラを連射モード(CH)に設定しましょう。

選手は高速で動くため、連射することで決定的な一瞬(リリースの瞬間、ヒッティングの瞬間など)を捉えます。

シャッタースピード優先

シャッタースピード優先モードにして、シャッター速度を1/500~1/1000秒に設定しましょう。
打者や投手は素早く動くため、これくらいの高速シャッターを使わないと被写体ブレが発生してしまいます。

ただし、投球開始前のピッチャーやランナーなど、明らかに被写体の動きが遅い場合には1/125秒程度までシャッター速度を落とすことも可能です。これによってISO感度が下がり、ノイズのより少ない写真となります。

上限ISO感度

上限ISO感度を6,400以上に設定しましょう。

X-T3の初期設定における上限ISO感度は800に設定されています。この値では、ナイター撮影することは不可能です。

C-AF(コンティニュアス優先オートフォーカス)

C-AFモード(コンティニュアス・オートフォーカスモード)に設定しましょう。

この設定であれば、連射中に選手が動いても、カメラが自動で選手にピントを合わせ続けてくれます。

瞳AF(オートフォーカス)

瞳AFモードに設定しましょう。

撮影中に選手の顔が見えていれば、カメラが自動で選手の顔と瞳にピントを合わせてくれます。

フォーカス範囲

フォーカス範囲を画面半分程度の大きさにしましょう。

フォーカス範囲が小さすぎると選手からピントが外れ、逆に大きすぎると意図していない場所にピントが合ってしまいます。

メカシャッター(MS)

メカシャッター(MS)に設定しましょう。(初期設定ではメカシャッターになっているため、初期設定から変更していなければそのままで大丈夫です)

野球選手のように高速で動く被写体に対して電子シャッター(ES)を使ってしまうと、被写体の上と下とが歪んでしまう「ローリングシャッター歪み」が発生してしまいます。

フォーカスリミッター

フォーカスリミッターを5m~無限に設定しましょう。

この設定では5m未満の被写体にフォーカスが合わなくなる一方で、5mより遠い被写体に対してはフォーカスが合う速度が速くなります。

フリッカー低減をOFF

フリッカー低減機能をOFFにしておきましょう。

フリッカー低減機能をONにしてしまうと、連射速度が遅くなってしまいます。さらに、ナイターの明かりは点滅していないため、フリッカー低減機能を使う必要はありません。

撮影場所

神宮球場の3塁側内野席、前から16段目の席で撮影しました。

ご覧のように、3塁ベースからそれなりに近い席です。
その他には、2塁ベース、マウンド、バッターボックスも近い距離にあります。

作例

以下に作例を示します。
全ての作例はjpeg撮って出しです(RAW現像していません)
ブログ掲載用に最低限のリサイズとサイズ低減処理をしています。
特に断りの無い限りは、フィルムシミュレーション・クラシッククロームを使用しています。

現像ソフトや、富士フイルムのフィルムシミュレーションに関する記事を以下にまとめました。 lightroom 写真現像ソフトの最...

バッター

バッターを撮影した作例を以下に示します。

以下の作例では、換算392mmの超望遠域に該当する焦点距離を使ったため、バッターをアップで撮影できています。(もちろん望遠端の609mmを使えば、上半身をアップで切り取って撮影することもできます)

1秒あたり10枚という高速で連射したため、インパクトの瞬間を撮影できています。シャッタースピードが1/1000秒と高速のため、バッターはブレていません。ISO感度は5000まで上がっていますが、カメラの高感度耐性が優れているため、ノイズはそれほど気にはなりません。

ボールを打ち返す岡本選手。
1/1000秒, 261mm(換算392mm), F5, ISO5000


他の作例を以下に示します。
ちなみに、画面上にうっすらと見えている格子状の模様は、観客席をファールボールから保護するネットです。望遠レンズを使うことで、ネットはほとんど気にならなくなります。

インパクト直前の坂本選手。
1/1000秒, 271mm(換算406mm), F5, ISO5000


ボールをはじき返す松原選手。
1/1000秒, 271mm(換算406mm), F5, ISO5000


以下は、シャッタースピードを1/500秒まで遅くした作例です。
このスピードでもバッターはかなり止まっています。

インパクト直前の丸選手。
1/500秒, 335mm(換算502mm), F5.4, ISO2000


以下は、ボールをはじき返すバッターを連射した一連の写真です。
1秒あたり10枚の連射だと、これくらいの間隔でバッターを撮影できます。

ピッチャー

ピッチャーを撮影した作例を以下に示します。
カメラの設定は、バッター撮影時とほぼ同じです。

戸郷投手。
1/1000秒, 323mm(換算485mm), F5.4, ISO5000


田口投手。
1/500秒, 301mm(換算452mm), F5.2, ISO2500


高梨投手。
1/1000秒, 360mm(換算539mm), F5.6, ISO5000


大江投手。
1/1000秒, 335mm(換算502mm), F5.4, ISO5000


ビエイラ投手。
1/1000秒, 252mm(換算378mm), F5, ISO5000


以下はグータッチをする高梨投手と大城捕手を撮影したものです。
動きが遅いので、シャッタースピードを1/125秒まで下げています。この分ISO感度が下がり、ノイズを少なく撮影できています。

グータッチする高梨投手と大城捕手。
1/125秒, 400mm(換算609mm), F5.6, ISO500


連射すると以下のように写ります。

内野手

以下は内野手を撮影した作例です。

打球に備える岡本選手。
1/500秒, 243mm(換算365mm), F5, ISO3200


ゴロを補給する岡本選手。
1/1000秒, 197mm(換算295mm), F5, ISO4000


打球に備える坂本選手。
1/500秒, 400mm(換算609mm), F5.6, ISO4000


以下は4-6-3の併殺プレーを完成させる吉川、坂本両選手を連射したものです。
焦点距離が235mm(換算352mm)のためそこまでアップでは撮れていません。
ただし、アップしすぎると選手が写真からはみ出してしまうため、少しくらい広角で撮っておくという割り切りが必要です。アップにしたければ後でトリミングをすればよいだけです。



以下は打球を処理する岡本選手。

ランナー

以下にランナーを撮影した作例を紹介します。

2塁に走る坂本選手。
1/500秒, 400mm(換算609mm), F5.6, ISO5000


3ベースヒットを放ち、3塁に到達する松原選手。
1/500秒, 204mm(換算306mm), F5, ISO2500


盗塁を決め、セーフをアピールする坂本選手
1/500秒, 261mm(換算392mm), F5, ISO2500


相手の意表を付いて盗塁を決めるウィーラー選手。
1/500秒, 197mm(換算295mm), F5, ISO2500


相手ピッチャーの交代中に、塁上に座り後藤コーチと談笑する坂本選手
1/60秒, 227mm(換算340mm), F5, ISO320


…の、拡大図。
1/60秒, 373mm(換算559mm), F5.6, ISO320


外野手

以下は、レンズの望遠端で外野手を撮影した作例です。

さすがに、内野席から外野手は遠すぎて、外野手を小さくしか撮影することはできません。

ボールを補給する丸選手。
1/500秒, 400mm(換算609mm), F5.6, ISO5000


そこで、トリミングをすると良いです。
以下は、上記画像を1/3程度にトリミングしたものです。
画素数が約2,600万あるため、この程度のトリミングでは画質はほとんど悪化しません。

その他

高速で踊るダンサーも撮影することができます。
衣装の青を鮮やかに写すために、この作例のみフィルムシミュレーションのVelviaを使っています。

1/1000秒, 360mm(換算539mm), F5.6, ISO6400


1/1000秒, 400mm(換算609mm), F5.6, ISO5000


ネットにフォーカスが合ってしまったときの対処法

撮影時に、手前の保護ネットにフォーカスが合ってしまうことがあります。
この場合、頑張っても目的とする被写体にフォーカスが合うことはありません。

そこで対処法は以下の通りになります。奧にあるポールなどに一度フォーカスを合わせた後に、再度被写体にフォーカスを合わせるようにしましょう。こうすることでフォーカスが復帰します。

①始球式に臨む元バトミントン選手・潮田さんを撮影しようとしたところ、手前のネットにフォーカスが合ってしまいました。


②このような場合には、ネットの向こう側にある黄色いポールなどにフォーカスを合わせます


③その後、再度潮田さんに向けてフォーカスを合わせます。
潮田さんにフォーカスが合いました。


今回の記事は以上になります。

error: Content is protected !!