Translate

XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRを登山にオススメする5つの理由

富士フイルムからは30種類以上のレンズが発売されています。それぞれのレンズが得意とする被写体は異なります。では、登山にはどのレンズが適しているのか?というと「フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」(以下、XF18-135mm)が最適なレンズの1つだと考えます。
その理由の1つは、レンズ1本で様々な被写体を撮影することができるからです。XF18-135mmの広角域を使えば近くの風景を、中望遠域を使えば遠景を、望遠域を使えば小さな花や動物を撮影することができます。

今回の記事では、筆者の作例を元にしてXF18-135mmを登山におすすめする理由を5つ紹介します。

XF18-135mmをオススメする人としない人

XF18-135mmをオススメしたいのは、以下の人です。

  • 1本のレンズで、風景撮影から雷鳥などの動物の撮影まで行いたい人
  • 森林限界より上の山にいく人
  • 埃や小雨に気を使いたくない人
  • 冬山にいく人
  • 望遠使用時に三脚を使いたくない人
  • カメラ一式をなるべく重くしたくない人

反対に、あまりお勧めできないのは以下の人です。

  • 1本のレンズで星空撮影まで行いたい人

これらの理由を以下に詳しく説明していきます。
まずはオススメしたい理由からです。

メリット

広角~中望遠域をカバーし、幅広い撮影に対応可能

1つ目のオススメポイントは、XF18-135mmが、換算で焦点距離27mmの広角域から、203mmの望遠域をカバーしていることです。

このレンズ1本で、広大な山の稜線の撮影から、一部の山の切り取り、小動物の撮影までをこなすことができます。
撮影対象が変わってもレンズを交換しなくてもいい、というのが最大のメリットになります。(ちなみに、このような高倍率レンズを「便利ズーム」と呼びます)

各焦点距離が得意とする被写体については、以下記事をご参照ください

山でレンズを頻繁に交換すると、センサーにゴミが付く可能性があります。
また、レンズを交換しているうちにシャッターチャンスを逃すこともあります。
動物の場合はいつまでも同じ場所にとどまってくれませんし、雲が動くと山への光の当たり方が変化します。

以下に、XF18-135mmを用いて筆者が撮影した写真を紹介します。
焦点距離を変えることで、様々な撮影に対応できることがわかるかと思います。

広角域の写真

XF18-135mmの広角域で撮影した作例を、以下に示します。

ワイド端を使って、稜線の手前から奥までを1枚に収めた。
焦点距離18mm(換算27mm), ss1/640
同じくワイド端を使い、尾瀬ヶ原と周囲の山並みを1枚に収めた。
焦点距離18mm(換算27mm), ss1/480
同じくワイド端を使い、日光白根山とその手前の稜線を1枚に収めた。
焦点距離18mm(換算27mm), ss1/1900
標準~望遠域の写真

XF18-135mmの標準~中望遠域で撮影した作例を、以下に示します。

標準域を使い、剱岳と手前の雪面を切り取った。
焦点距離44mm(換算66mm), ss1/60
中望遠域を使い、北岳バッドレスと登山者を切り取った。
焦点距離88mm(換算132mm), ss1/1600
望遠域の写真

XF18-135mmの望遠域で撮影した作例を、以下に示します。

望遠域を使い、白毛の雷鳥をアップで撮影。
焦点距離135mm(換算203mm), ss1/320
同じく望遠端を使い、冬毛のオコジョをアップで撮影。
焦点距離135mm(換算203mm), ss1/1000
同じく望遠端を使い、枯れ木に留まる小鳥を撮影。
焦点距離135mm(換算203mm), ss1/200
同じく望遠端を使い、モルゲンロートに染まる槍ヶ岳をアップで撮影。
焦点距離123mm(換算184mm), ss1/60

5段分の強力な手振れ補正が付いており、望遠でも手振れしにくい

2つ目のオススメポイントは、XF18-135mmが5段分の強力な手振れ補正を備えている点です。

富士フイルムでは、1機種を除いてカメラ本体に手振れ補正機能が付いていません。
よって、手振れ補正機能を求める場合、レンズ側に手振れ補正機能が付いている必要があります。

望遠になるほど手振れが起こりやすくなるため、中望遠域をカバーするXF18-135mmのようなレンズの場合、実用上手振れ補正が必須となります。
XF18-135mmのテレ端(最も望遠の焦点距離)において、手振れ補正機能をOFFにした場合に手振れ補正を起こす限界のシャッタースピード(ss)を、計算式に当てはめて求めた場合※1、1/203秒になります。
よって、ssが1/203秒よりも遅くなると、手振れを起こしやすくなるということになります。
1/203秒というのはそこそこ早いssになります。手振れ補正が付いていない場合、中望遠域では手振れ写真を量産することになるでしょう…。
(あくまでも目安であり、撮影者の腕や風速などの環境によっても変わります)

※1 計算式は、以下の通り
(手振れしないssの目安=1÷焦点距離)

ところが、5段分の手振れ補正が付いた場合、手振れしないssの限界値は、1/6秒※2まで遅くなります。
このssであれば、明るいところでは実用上問題になりません。

※2 計算式は、以下の通り
(5段分の手振れ補正が付いた場合の手振れ限界ss=手振れ補正無しの限界ss÷25
=1/203×25
=1/6.3
≒1/6

以下に、ssが遅い設定で筆者が撮影した写真を載せます。
いずれの写真でも手振れ補正がよく効いており、手振れしていないことがわかるかと思います。

日の出直前の富士山を撮影。
ssは1/8秒、焦点距離は135mm(換算203mm)と非常に手振れしやすい環境だったが、優秀な手振れ補正のために手振れすることなく撮影することができた。
日の出直前、マジックアワーの日光連山を撮影。
ssは1/15秒、焦点距離は33mm(換算49mm)とやや手振れしやすい環境だったが、優秀な手振れ補正のために手振れすることなく撮影することができた。

圧縮効果を使える

3つ目のオススメポイントは、XF18-135mmの中望遠~望遠域で撮影をすると圧縮効果を使えることです。

圧縮効果とは、望遠レンズで撮影をした際に、写真上で手前と奥の被写体同士の距離感が弱くなることです。
写真を見た人が、手前と奥の被写体同士がまるで近くに居るかのように錯覚します。

よって、中望遠域のレンズで登山者とその背後の山を撮影すると、登山者のすぐ背後に大きな山が聳え立つ写真を撮ることができます。大迫力です。

表銀座縦走路から、水晶岳をバックに登山者を撮影。
圧縮効果を使い、まるで水晶岳が登山者のすぐ後ろにあるかのように写真を撮影できた。
焦点距離62mm(換算94mm)
燕岳をバックに、登山者を撮影。
圧縮効果を使い、まるで燕岳が登山者のすぐ後ろにあるかのように写真を撮影できた。
焦点距離79mm(換算118mm)

防塵防滴・耐寒仕様

4つ目のオススメポイントは、XF18-135mmが防塵防滴・耐寒仕様となっている点です。

XF18-135mmを、同じく防塵防滴仕様のカメラ本体X-T3やX-H1などと組み合わせれば、カメラ一式が防塵防滴・耐寒仕様となります。
登山中に急に小雨に振られたり、埃が付いても安心です。
また、3,000m級峰の春や秋の早朝や、雪山においては、気温が氷点下まで下がります。この場合でも-10℃までは動作が保証されています。

筆者は実際にXF18-135mmを-20℃の冬山に何度も持ち出していますが、各種リングはちゃんと回り、撮影に支障をきたしたことは一度もありません。

便利ズームなのに画質が良い

5つ目のオススメポイントは、便利ズームであるにも関わらずXF18-135mmの画質が良い点です。

一般的に、広い焦点域をカバーする便利ズームでは、便利さを取る代わりに画質を犠牲にしていることが多いです。
ところが、XF18-135mmではこの例に当てはまらず、とても画質が良いです。
さすがに開放では周囲の画質はやや甘いですが、F8まで絞るとカリッとした画質になります。

約500gと、そこまで重くない

6つ目のオススメポイントは、XF18-135mmの重量が約490gであり、そこまで重くない点です。
XF18-135mmを、富士フイルムのカメラ本体と組み合わせた場合、トータルの重量は1kg以下となり、軽量です。(ただし、X-H1は除く)



ここまではXF18-135mmのオススメしたい点を紹介しましたが、当然良くない点も存在します。
次ページに詳しく記載します。

error: Content is protected !!