2020年シーズンは、コロナの影響で登山道が閉鎖されていたり、山小屋や隣接するテント場が休業していることがあります。また、人数を少なくするため予約制となっているテント場もあります。
事前に情報を確認しましょう。

・YAMAPの山小屋・テント場情報はこちら
・山渓オンラインの登山道情報はこちら

Translate

【残雪期・雪山登山】伯耆大山~鳥取の誇る独立峰~

2020年3月6日に、伯耆大山(ほうきだいせん)に日帰り雪山登山にいってきました!

伯耆大山は、鳥取県の日本海近くに位置する独立峰です。
一般登山道が通っている中では、標高1,709mの弥山(みせん)が最高峰です。

晴れていれば、山頂からは鳥取市街と日本海を一望できます。
日本海近くに位置するため厳冬期は気候が厳しく、3月に登るのがよいでしょう。
(4月になると雪はほとんど解けてしまいます)

今回のルート

今回通ったのは以下のルートです。

駐車場→六合目避難小屋→頂上避難小屋→六合目避難小屋→本谷避難小屋→大山寺→駐車場(コースタイム5時間40分)

本ルートについては、山と渓谷社の「厳選 雪山登山ルート集」や、同「雪山登山」に詳細が記されています。
雪山では雪崩防止のため、通行できるルートが限られています。
必ずルートを下調べしてから通行するようにしましょう。

登山開始~6合目避難小屋まで

【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (3)

時刻は午前9時過ぎ。
南光河原駐車場に車を停めます。
この駐車場が最も登山口に近いです。
その代わりに、スキー場が開いている期間には有料になり、駐車料金は1,000円です。
今回はスキー場が閉まっているため無料となります。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (1)

駐車場には約50台の車が駐車可能です。
午前9時過ぎの時点で、残りの駐車可能台数は5台程度となっていました。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (2)

駐車場にはトイレがあります。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (4)

登山口に取り付くには、いったん駐車場を出て、左方向に1分程度進みます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (5)

ここが夏山登山道の入り口です。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (7)

登山スタート!
しばらくは、よく整備された石階段を登っていきます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (8)

序盤はブナ林の中を登っていきます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (11)

枯れたブナの隙間から見える青空が美しい。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (10)

標高1,100m地点に到着しました。
登山開始地点は約800mで、山頂は1,709mです。

まだ半分も登っていません。
まだまだ遠い道のりですね…。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (13)

いつのまにか、道は石階段から雪道へと変化しています。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (12)

背後には、鳥取市街地と、そしてうっすらと日本海が見えます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (14)

6合目避難小屋に到着しました。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (15)

6合目避難小屋には携帯トイレブースがあります。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (16)

小屋は2階建てとなっていますが、そこまで広いわけではありません。
おそらく緊急時の利用を想定しており、計画的な宿泊はすべきではないでしょう。


大山山頂へ

【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (18)

時刻は11時20分。
ガスが出てきて、山が隠れています。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (17)

ご覧の通り、太陽もガスの中です。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (19)

頂上を目指し、登山再開です。
傾斜がきつくなってくるので、12本アイゼンを装着し登っていきます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (20)

ガスの中をハイクアップ。
ガス晴れてくれないかなぁ…。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (21)

奇跡的にガスが取れてきました!
左手に、目指す大山山頂が見えます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (22)
【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (23)

ガスは出たり取れたりを繰り返しています。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (24)

大山山頂が近づいてきます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (25)

ここから先は木道を歩いていきます。
アイゼンで歩くと木道を傷つけてしまうので、できればアイゼンを外したいところ。
それか、積雪期であれば進行方向左側の雪の上を歩くのもよいでしょう。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (32)

木道が設置された経緯が記載されています。
かつて木道が無かったころには、登山者の踏み後で土砂流出が進み、山頂付近の緑が消えてしまったとのこと。
整備して頂いた方々に感謝ですね。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (26)

ガスと雪の幻想的な風景の中を進んでいきます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (27)

この木道を進み切ると…。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (28)

石室に到着しました。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (29)

左が大山山頂(弥山)です。
ちらほらと人影が見えますが…。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (30)

実は、弥山頂上へは立ち入り禁止看板が立っています。
おそらく、登山道が脆いからという理由なのでしょう。
しかし、積雪期には脆い登山道は雪の下に隠れてしまうため、アイゼンとピッケルがあれば行けそうな気もします。
ここは自己判断でお任せします。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (31)

ということで、ここを大山山頂(弥山, 標高1,709m)ということにします!


下山、大神山神社

【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (33)

下山していきます。
下山し始めると天気が回復してくるの図。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (35)

六合目避難小屋まで戻ってきました。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (36)

六合目避難小屋の先で、行者登山道へとルートを取ります。
登ってきたときとは別ルートです。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (37)

北壁の近くまで下ってきました。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (38)

これが大山の北壁です。
角度がえげつないですね。
クライミングで登られることもあるようです。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (39)

北壁の説明図。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (40)

こちらは本谷避難小屋です。
立ち寄りたいのですが、どこから登っていいのかわからない…。
まるで難攻不落の砥石城のようです。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (41)

階段を発見し、なんとか本谷避難小屋に到着しました。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (42)

中は広々としています。
しかもトイレまでありました。(トイレットペーパーは要持参)


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (45)
【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (46)

下っていきます。
右は作業道、左が登山道。
左に進んでいきます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (47)

登山道を下っていくと…


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (48)

お寺が見えてきます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (49)
【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (50)

大神山(おおがみやま)神社に到着しました。
ここは、1805年の歴史ある神社です。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (51)

大神山神社には参拝可能ですが、内部は写真撮影禁止です。
鎌倉のお寺と比較しても、遜色のない立派な作りでした。
ぜひ直接見るのがよいでしょう。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (52)

途中にある神門は、前後が反対になっています。
国の文化財に指定されているとのこと。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (53)

石畳みの道を進んでいきます。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (54)

かわいいお地蔵さんです。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (55)
【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (56)

本堂に寄り道します。


目的はこちらです。
鐘を鳴らしにきました。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (58)

駐車場へはもうすぐです。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (61)

ゴール!
お疲れ様でした。


【残雪期・雪山登山】伯耆大山 (59)

大山、最高の山でした。
最高の山行をありがとうございました。

この記事に「いいね!」と思ったら、SNSでシェアをお願いいたしますm(_ _)m

フォロワーも募集中です。

error: Content is protected !!