Translate

【自宅でできる】ダンベルを使った登山トレーニング方法

登山にいくと、体のどこかが痛くなる人は多いのではないでしょうか。
筆者の場合は、テント泊にいくと毎回必ず肩が痛くなっていました。
このせいで大きくスピードダウンし、しかも1週間ほど肩の痛みは治まりませんでした。

この原因は肩の筋力不足だと考え、ダンベルで肩の筋肉を鍛えたところ、見事に肩の痛みが無くなりこの悩みから解放されました。

ダンベルで鍛えられるのは肩の筋肉に限りません。
肩以外にも体の様々な部分の筋肉を鍛えることができます。

今回のコロナ騒動で、家から出られない人も多いのではないでしょうか。
この機会を利用し、トレーニングをしてみるのもいいのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、体の部位別に筋肉を鍛える方法をご紹介します。

本記事の対象者

・登山中や登山後にどこか体が痛くなる人
・コロナ対策で自宅から出られない人

用意するもの

ダンベル

まずはダンベルを用意します。

ダンベルには様々なものがありますが、重量を変えられるタイプのものがよいです。
というのも、重量が軽すぎるとトレーニングにならず、逆に重すぎると体を痛めてしまうからです。
自分の体に合わせてダンベルの重量を変えましょう。

MOJEER ダンベル【最新進化版・3in1】5kg×2個セット (10kg)/10kg×2個セット (20kg)/20kg×2個セット (40kg) ポリエチレン製 筋力トレーニング ダイエット シェイプアップ 静音 008 (10kg×2個セット 赤 B/6)
MOJEER

マット

できればマットを用意します。

理由は2つあります。
1つ目の理由は、ダンベルは重いため、床にダンベルを直置きすると床をへこませてしまうためです。
たとえプラスチック製のダンベルだったとしても、床の材質によっては見事に床がへこみます(筆者経験済み)

2つ目の理由は、トレーニングによっては床に寝そべって行うものもあるため、この際にマットがあると体を冷やしたり痛めにくいからです。

鏡を用意します。

トレーニングは、正しい姿勢で行う必要があります。
例えば、背骨をまっすぐにして行うトレーニングの場合に背骨が曲がっていると、体を痛めてしまうことも…。
鏡を見ながらトレーニングをすることで、正しい姿勢でトレーニングすることができます。

鏡としては、壁に突っ張り棒で固定できるタイプのものが良いでしょう。
このタイプであれば部屋の場所を取りません。

トレーニング方法

ここからは他サイトの力を借ります。

筋トレサイトを見ながら、目的の部位(登山で痛くなる部位)をトレーニングします。
筋トレについてのサイトは多数ありますが、Power-Hacksさんのサイトがとてもよくまとまっています。
体の部位別にどのようにトレーニングをしたらよいか、動画がアップされています。

上記サイトを参考にし、登山中に痛くなる箇所をトレーニングしましょう。
筆者の場合は2週間ほどで効果が現れ、快適に登山できるようになりました。

今回の記事は以上になります。

筆者は腰痛に悩まされていた時期があり、日常生活はもちろん、登山でも支障が出ていました。 「家でもテントでも、真夜中に腰痛で目が覚めて...
error: Content is protected !!