Translate

古い車を高く売る方法【10年・10万キロ経過】

筆者は新車登録から14年目・走行距離8万キロの初代後期型フィット(GD1)に乗っています。

この車は街乗りをする上では快適なのですが、その一方で高速道路で長距離を移動したり、雪道を走行するにはパワー不足です。

近年は長期使用のため車検時に多大なパーツ交換費用が発生したりしていたため、思い切って新たに車を買い替えることにしました。

フィットを高く売ることができれば、新車購入時の費用の足しにすることができます。しかし、年式が古く走行距離の長い車には、買取金額が付かないか、付いたとしても1万円程度となってしまうことも多いです。

そこで今回の記事では、年式が古く走行距離の長い車を高く売る方法を紹介します。

筆者所有車のスペック
・車種…初代フィット (GD1)
・年式…2007年
・走行距離…約8万キロ
・修理歴…有

結論:カーネクストが一番

いきなり結論を言ってしまうと、今回のケースではカーネクストで売るのが一番です。

カーネクストは海外に中古車を販売しています。
海外では日本の車は人気があり、古い車でも比較的高い金額が付きやすいようです。

買取金額を高くするためには、その場で返事をしないことです。
後日メールがくるのですが、その際に電話時よりも高い買取金額を提示されるためです。

以下に経緯を説明します。

経緯1:カーセンサーでは低価格

まずはカーセンサーで一括見積を取得しました。

カーセンサーで一括見積を頼むと、複数の業者から自身の電話番号やメールアドレスに連絡が来ます。その後、業者の人が車の詳細をチェックして買取金額が決定されます。(このチェックは、自分で車を業者さんの店舗に持ち込むこともあれば、業者の人が自宅訪問をすることもあります)

今回、カーセンサーを経由して見積もりを取ったのは「オートバックス」「ビックモーター」「カーセブン」の3社です。それぞれ金額は以下のようになりました。

  • オートバックス … 1万5千円
  • ビックモーター … 約1万円程度(具体的な金額は提示されず)
  • カーセブン…約1万円程度(具体的な金額は提示されず)

いずれも1万円台と、同程度の金額となりました。
これらの業者はレッドブックといって、車の買取金額の相場が記載された本を元にして買い取り金額を決定しています。
そのため、業者によって買取金額に差が出にくいです。

経緯2:カーネクストで最高値

次に、カーネクストで見積もりを頼みました。
最終的な買取金額は4万円となり、カーセンサーの倍以上でした。
(しかも自動車税の還付金が返ってくるので、実際にはこれよりも高い金額となります)

以下に経緯を示します。

ネットから申し込むと数分後に電話が掛かってきます。
その際、いくつか質問をされるので、正直に答えていきます。

車の車種、年式、走行距離、色、目立つ傷の有無、現在走行可能か、これを答えると、その場ですぐに買取金額が提示されます。

その場で提示された金額は3万5千円でした。

「修理歴があるんですけど大丈夫ですか?」と尋ねたところ、今の内容であれば金額に変わりはありません、とのこと。

筆者はこの場では返事をしませんでした。
今回の場合には、一日後に「本日中に決定してもらえれば4万円で買い取ります」とのメールが来ました。

まとめ

新車登録から10年が経過していたり、走行距離が10万キロにせまる車を高く売るためには、カーネクストが最もいい選択肢と言えそうです。
いずれにせよ、複数社から相見積もりを取ることが重要です。
今回の記事は以上になります。

≪公式≫カーネクスト

この記事に「いいね!」と思ったら、SNSでシェアをお願いいたしますm(_ _)m

フォロワーも募集中です。

error: Content is protected !!