Translate

【防塵防滴】登山向けミラーレスカメラ2選【軽量・色鮮やか】

山に登ると、素晴らしい景色を楽しむことができます。
この景色を、記憶だけでなく記録(写真)に残したいと考える方も多いと思います。

カメラメーカーは多種多様あります。Nikon, Canonのツートップから、老舗のペンタックス、新興のソニー、オリンパス、富士フイルムなどなど…
どのメーカーを選ぶべきか、迷いますよね。

各社とも明らかに特徴の異なるカメラを作っています。
今回の記事では、筆者が登山にオススメするミラーレスカメラと、その理由を紹介します。

構造(ミラーレス vs 一眼レフ)

レンズ交換タイプのカメラは、大きく2つに分類されます。従来から存在する一眼レフと、ここ10年の間に登場したミラーレスです。

登山には、ずばりミラーレスカメラをオススメします。
理由は以下の3点です。

  • ミラーが無い構造のため、軽量
  • ミラーが無い構造のため、コンパクト

一方、一眼レフには以下のメリットがありますが、登山をする上ではそこまで必要ではないと思います。

  • 高速連射に強い
  • オートフォーカスが早い

尚、ミラーレスカメラの急速な技術革新のため、一眼レフのこれらのメリットも薄まりつつあります。

メーカー(フジかオリンパスの2択)

ずばり、フジフイルム社のX-T4か、オリンパス社のOM-D E-M1 Mark IIIをオススメします。
どちらも軽量・コンパクトなミラーレスカメラです。

両カメラの代表性能を以下の表にまとめました。
表中、赤字はメリット青文字はデメリットを示します。

メーカー富士フイルムオリンパス
機種X-T4OM-D E-M1 Mark III
色の特徴フイルムシミュレーションのVelviaモードで、
鮮やかな発色にできる
通常撮影で、綺麗な青で撮影できる。
いわゆる「オリンパスブルー」
防塵防塵・防滴 防塵・防滴
耐寒性-10℃ -10℃
センサーサイズAPS-C
(23.5mm×15.6mm)
マイクロフォーサーズ
(17.4 mm x 13.0 mm)
ボディ内手振れ補正有り
(最大6.5段)
有り
(最大7.5段)
有効画素数2610万2037万
本体重量607 g 580g
液晶可動2軸可動式
バリアングルモニター
2軸可動式
バリアングルモニター
ISO感度(常用) 16012800
(拡張)
8051200
(常用)646400
(拡張)
6425600
オートフォーカスの低照度限界-6.0EV-6.0EV
SDカードスロット数2

登山においてこれらのカメラをおすすめする理由を、以下に紹介していきます。

色見の特徴

各社とも、色鮮やかな発色が特徴です。

富士フイルムでは、フィルムシミュレーションという機能を使うことで、色鮮やかに撮影することができます。

富士フイルムのノーマルモードにて撮影。これでも十分きれいに写る。

富士フイルムの誇るフィルムシミュレーション「Velvia」を上記写真に適用。
緑が鮮やかになった。

一方、オリンパスでは普通に撮影するだけで、空の青色を鮮やかに撮影できます。これは、いわゆるオリンパスブルーと呼ばれる発色です。

オリンパスのカメラを使用し、白馬岳頂上宿舎から夕焼けに染まる旭岳を撮影。
空が綺麗に写っている。いわゆる「オリンパスブルー」

晴天の青空と雪倉岳(北アルプス)を撮影。
上記写真と同様に空がオリンパスブルーに写っている。
山の緑も綺麗だ。

写真撮影でよくあるのが「数か月たっても現像が終わらなくて、次の山にいけない」という悩みです。しかし筆者は、富士フイルムやオリンパスのカメラを使うことで現像の時間から解放され、山から帰ってきた翌日~翌々日まで写真を整理し、ブログ記事にアップすることができています。

防塵・防滴性

両カメラとも防塵防滴性を有しています。
山ではカメラが埃にまみれたり、小雨に振られることがよくあります。
これらのカメラであれば、安心して撮影に臨むことができます。

コンデジでは防塵防水性は珍しくないですが、ミラーレスカメラで防塵防滴性が保証されている機種は限られています。

耐寒性

両カメラとも-10℃まで動作が保証されています。
筆者のように雪山に登る場合や、春や秋の3,000m峰の早朝には、気温は氷点下まで下がります。
気温が下がると通常のカメラは動作不良を起こしたり、最悪の場合は電源が入らなくなります。

これらのカメラを使う上では、少なくとも-10℃までは心配をする必要がありません。
-10℃以下でも、メーカーが動作を保証していないだけで、実際にはちゃんと動いてくれます。

2月の赤岳~横岳間の稜線にて。気温は約-20℃。鼻をかんだ瞬間に凍り付く気温。X-T1(X-T3の前々機種)をザックに外付けしていたが、問題なく動作してくれた。一方、同行者のカメラは電源が付かなかった。

1月の深夜に、X-T3を使い北岳と星空を撮影。
気温は約-15℃。こちらも問題なく動作してくれた。

オートフォーカスの低照度限界

両カメラとも、-6EVまでAFが作動します。
つまり、かなり暗いところでもAFが動作します。

筆者が試したところ、半月の明かりでもオートフォーカスが効きました。

2月の乗鞍岳。富士フイルムの前期種X-T3を使い未明の登山道を撮影。
オートフォーカスを使用したところ、迷わずにスッとピントが登山道に合った。


ここまでは、両カメラに性能の差はありません。
ここから先は、両カメラの性能比較をしていきます。

センサーサイズ

X-T4の勝ち。

X-T4のセンサーはAPS-C, 一方でOM-D E-M1 Mark IIIのセンサーはマイクロフォーサーズです。
APS-Cは、マイクロフォーサーズの約1.65倍の面積比を誇ります。センサーが大きいほど性能が高く、具体的に以下の点において有利になります。

センサーサイズが大きいことによるメリット
・高画素化が可能になり、トリミングしやすくなる
・背景をボカしやすくなる
・高感度ノイズが出にくい。つまり、暗所での撮影時にノイズが出にくくなる

ただし、背景のボケや高感度ノイズの欠点については、明るいレンズ(F値の小さなレンズ)を使うことで解消することも可能です。

F値については以下記事をご覧ください。

前回の焦点距離に関する記事はこちらを参照 山岳撮影において特に大事となってくるカメラの設定値は、焦点距離、F値(絞り)、シャッター速...

有効画素数

X-T4の勝ち。

X-T4は2610万画素、OM-D E-M1 Mark IIIは2037万画素です。
画素が高いほど、緻密な写真となります。
(ただし、OM-Dの画質が悪いと言っているわけではありません。よほど拡大したりトリミングをしない限りは、この画素数の違いはわからないでしょう。)

重量・大きさ

引き分けです。
両カメラとも軽量・コンパクトを誇る優秀なカメラです。
(ただし、OM-D E-M1 Mark IIIの方が、交換レンズの重量が軽いです。よって、totalで考えた場合にはOM-Dに軍配が上がります。)

関連記事

関連記事を以下に紹介します。

富士フイルム社製カメラには、フィルムシミュレーションモードといって写真の発色などを手軽に変更できるモードが搭載されています。

フィルムシミュレーションモードの1つであるVelviaを使うことで、とても美しい写真を手軽に撮影することが可能です。以下記事ではVelviaの作例を紹介しています。

富士フイルムから発売されているミラーレスカメラ・Xシリーズには、フィルムシミュレーション機能が搭載されています。フィルムシミュレーションと...



両カメラにおすすめするレンズについては、以下記事で紹介しています。

レンズによって、吐き出される絵や、得意とする被写体、時間帯が異なります。どのレンズを付けて山にいこうか、あるいはどのレンズを購入すべきか、...



ネットショップをうまく利用することで、カメラを数千円~数万円お得に購入することができます。

カメラやレンズは、安くても10万円、高いと20万円もします。よって、購入方法(どこでどのように買うか)によって、価格が数千~数万円も違って...



カメラの購入に迷っている場合には、レンタルして試し撮りすることも可能です。

レンズやカメラの購入を迷っていたり、数回しか使わないことがわかっている場合には、レンタルサービスを利用するのが良いです。 さもないと...



現在保有しているカメラ機材を売却することで、新しいカメラの購入費用を捻出することができます。高額売却については以下記事をご覧ください。

使っていないカメラやレンズ機材がある場合、これらを売ることで新しい機材の購入費用とすることができます。また、カメラやレンズ一式を売却するこ...

合わせて買いたい

カメラと合わせて購入すると便利な品を、以下に紹介します。

登山中にはバッテリーが切れても充電することができません。特に、ミラーレスカメラは一眼レフよりもバッテリーの持ちが悪いです。そこで、モバイルバッテリーを持っていくと良いでしょう。



登山中にカメラを首から下げて持ち歩くと危ないですし、カメラも傷つきやすいです。そこで専用の携行方法をオススメします。

山登りにおいて、一眼レフやミラーレスカメラを使うと美しい景色を写真に残すことができます。一方で、一眼レフやミラーレスカメラはサイズが大きく...



今回の記事は以上になります。

error: Content is protected !!