2020年シーズンは、コロナの影響で登山道が閉鎖されていたり、山小屋や隣接するテント場が休業していることがあります。また、人数を少なくするため予約制となっているテント場もあります。
事前に情報を確認しましょう。

・YAMAPの山小屋・テント場情報はこちら
・山渓オンラインの登山道情報はこちら

Translate

【夏山登山】女峰山~日光屈指のロングルートを行く~

2017/7/8に、女峰山に日帰り登山にいってきました!

女峰山の紹介

女峰山は、日光に位置する標高2,483mの成層火山です。
尖ったかっこいい山容をしています。
コースタイムが長く、山中には営業小屋も皆無なため、入山者は比較的少なくなります。
今回は、霧降高原から入山し、女峰山山頂を落とし、日光東照宮へと下山する日帰りコースを紹介します。
コースタイムが10時間となるため、健脚向きの山行となります。

本ルートの紹介

今回の記事で紹介するコースの詳細を以下に記します。

霧降高原→赤薙山→女峰山→竜巻山→黒岩→白樺金剛→日光東照宮(コースタイム11時間)

尚、昭文社「山と高原地図 日光白根山・男体山」に本ルートの詳細が記載されています。
地図を持たない登山は危険です。必ず地図を持って入山するようにしましょう。

天空回廊とニッコウキスゲ

霧降高原駐車場に前日車中泊し、未明とともに出発します。


まずは霧降高原名物・天空回廊を登っていきます。
1445段の階段です。


木道の両脇にはニッコウキスゲが見事に咲き誇っています。


ニッコウキスゲのアップ。


登ってきた道を振り返ります。


1445段の階段終点にたどり着きました!


階段を振り返ります。
長かった…。


赤薙山、女峰山

ここからは山道です。
まずは赤薙山を目指します。


好展望です。


進んでいきます。


赤薙山に到着しました。
赤薙山の山頂は樹林帯に囲まれており、展望はありません。


高山植物の美しい季節です。


独標に到着しました。


地面がガレ場に変わってきました。
景色が目まぐるしく変化するため、ロングコースですが飽きません。


ミヤマキンポウゲでしょうか。


白い花が咲いています。


こちらも(きっと)ミヤマキンポウゲ!


謎の巨大植物です。


一部岩登りもあります。
三点支持ができれば問題なく通過できます。


女峰山の山頂直下に到着しました。


山頂についた!


女峰山・山頂(標高2,483m)です。


日光東照宮

日光東照宮方面に下山していきます。


唐沢避難小屋に到着しました。
女峰山はコースタイムが長いため、ここで1泊した方が体力的には余裕が出ます。ただし、避難小屋のため幕営用具や食料を持参する必要があります。


ガレ場をトラバースしていきます。


平和な草原に出ました。


黒岩分岐です。


黒岩に到着しました。


草原の中を下っていきます。


また岩場になったり


高山植物が咲いていたり


林の中に入ったり


かと思ったらまた草原に出たり。
下山路は標高差2,000mをコースタイム4時間半で下っていく、とても長いルートです。


ようやく下山しました(^^)


さらに赤い壁づたいに歩いていくと


鳥居に到着しました。
下山口は世界的な観光地の日光東照宮です。


観光客でごった返しています。
この後バスに乗り、霧降高原の車を回収しにいきます。
山ウェアで歩いているブログ主たちはきっと異様な存在に映っていると思います。
最高の山行をありがとう、女峰山。



今回の記事は以上になります。

登山関連の返礼品も多数!
error: Content is protected !!