【2021年秋版】星空を撮影できるコンデジ3選【5万円以下】

星空撮影には、高性能なカメラが必要です。

星の光は弱いため、カメラに要求されるのは、「光をたくさん取り込むことのできる明るいレンズ」「弱い光を増感できる大きなセンサー」の2つです。

レンズ交換タイプの高価なカメラじゃないと、星空を撮影できない!と思う方も多いですよね。
ですが、安価なコンデジ(コンパクトデジカメ)の中にも、大きなセンサーと明るいレンズを兼ね備えた、星空を撮影できるものがあります。中には、レンズ交換タイプと同等か、それを上回る性能のものもあります。

今回は、実売価格¥50,000以内で購入可能な、星空を綺麗に撮影できるコンデジを3つ紹介します。

尚、具体的な星空撮影方法については、以下記事をご参照いただければ幸いです。

【星空・星景撮影】カメラ、設定方法、天候の紹介【登山】
「満点の天の川や、オリオン座を写真にきれいに収めたい」と考える方は多いと思います。 しかし星の光はとても弱いため、使う道具や設定を間...

選定基準

以下の基準でコンデジを選びました。

  • 弱い光を増感できる大きなセンサー(1.0型以上)
  • 多くの光を取り込めるレンズ(F2.8以下※)
  • 実売価格が¥40,000以下

※レンズの明るさはF値で表されます。値が小さいほど明るいレンズになります。

【SONY】サイバーショット DSC-RX100

1つ目はSONYのRX100です。

RX100のセンサーサイズは1.0型です。これは、コンデジの中では大きい部類に入ります。レンズはF1.8であり、かなり明るい部類に入ります。重量は、今回紹介する機種の中で、最軽量となる213gです。持っていることを忘れる軽さでしょう。

今回紹介する3機種のうち、「機種名 星空」でググった場合に最も多くの星空撮影例が見つかるのが、RX-100になります。RX-100は、「元祖・星空を撮影できるコンデジ」です。

(補足)
RX100は現在、第8世代まで発売されています。
最新世代のRX100M7は値段が高く、実売価格が¥136,210(2021/7/31現在)と、RX100の約3.8倍もするのに対し、カメラとしての基本的な性能に大きな変化はありません。よって、特にこだわりがなければ、初代RX100を購入するのが良いでしょう。

【Canon】PowerShot G1 X Mark II

2つ目はCanonのG1X MarkⅡです。

G1X MarkⅡのセンサーサイズは1.5型です。これは、SONY RX100の1.5倍の大きさを誇ります。その分星空撮影に強いということになります。レンズはF2.0であり、これもかなり明るい部類に入ります。重量は516gであり、やや重いです。しかし、500mLペットボトル1本分と思えば、大したことはないでしょう。

G1X MarkⅡには、今回紹介する3機種の中で、唯一星空夜景撮影モードがあります。このモードで撮影すれば、難なく星空を撮影できます。ただし、余裕があればマニュアルで設定を追い込んだ方が、より良い星空を撮影することができます。

(補足1)
G1X MarkⅡには、よく似た名前のG9X MarkⅡがあります。
前者の方がセンサーサイズの大きな上位機種の位置づけであり、なおかつ実売価格も安いです。よって、G1X MarkⅡを購入するのが良いでしょう。

(補足2)
G1X MarkⅡには、 後継機種のG1X MarkⅢがあります。
MarkⅢではセンサーサイズがAPS-Cサイズで大型化されています。
しかし、実売価格が約¥117,230(2021/7/31現在)とMarkⅡの2.2倍になっています。
お金に余裕があれば、MarkⅢを購入するのも良いでしょう。

【富士フイルム】FUJIFUILM XF10

3つ目は富士フイルムのXF10です。

XF10のセンサーサイズは、今回紹介する中で最大のAPS-Cです。これはSONY RX100の3.2倍の大きさを誇ります。APS-Cは、一般的な一眼レフやミラーレスカメラで採用されている大きさです。星空撮影にはめっぽう強いです。レンズはF2.8であり、星空を撮影するうえでは及第点の明るさです。重量は241gであり、持っていることを忘れる軽さです。

尚、XF10の最大の欠点はズーム撮影ができないことです。(焦点距離が広角で固定されています)

星空や風景を撮影する上では、これは問題にはならないでしょう。
一方で、動物やポートレート(人物)を撮影したり、山をアップで撮影するといった用途には不向きです。

まとめ。結局どれがいいの?

星空撮影を第一に考えるのであれば、FUJIFILM XF10をオススメします。
センサーサイズがAPS-Cと大きいので、ノイズが少なく、星をとてもきれいに撮影できます。



星だけでなく、動物、人物、山をアップで撮影したい場合には、CanonのG1X MarkⅡをオススメします。
最もズーム倍率が高く、さまざまな被写体の撮影に対応可能です。



軽量でズームも使いたい!という場合には、SONYのRX100が良いでしょう。
今回紹介した中では最も歴史があり、元祖「星を撮影できるコンデジ」です。

関連記事

関連記事を紹介します。本記事と合わせて一読いただければ幸いです。



星空撮影には剛性が高い三脚が必須です。SLIK製の三脚SLIK ライトカーボン E64は、剛性、軽量(わずか1kg)、低価格、コンパクトであり、とてもよい三脚です。

【おすすめ】登山用三脚は3つの基準で選べば大丈夫。
三脚を選びで重要なのは「パイプ径」「素材」「段数」「重量」です。カメラ種類別にオススメとなる三脚を紹介します。



以下の記事では、星空撮影時のカメラ設定方法や、星空を撮影可能な天候条件、必要な機材について紹介しています。

【星空・星景撮影】カメラ、設定方法、天候の紹介【登山】
「満点の天の川や、オリオン座を写真にきれいに収めたい」と考える方は多いと思います。 しかし星の光はとても弱いため、使う道具や設定を間...



以下の記事では、登山向けの「高画質・軽量・安い」コンデジを紹介しています。

登山向け高級コンデジ6選【高画質・軽量・安い】
山に登ると最高の景色を見られます。 苔むす森、稜線からの大展望、朝日や夕日、赤く染まる山並み…これらの景色を記憶だけでなく記録(写真...



各ネットショップをうまく活用することで、カメラを数千~数万円安く購入することが可能です。

価格.comが最安!...ではない。カメラ、レンズ、家電をネットで安く買う方法の紹介。
カメラやレンズは、安くても10万円、高いと20万円もします。よって、購入方法(どこでどのように買うか)によって、価格が数千~数万円も違って...



今回の記事は以上になります。

error: Content is protected !!