月の状態によって、撮れる星景写真は変わってきます

「天の川をうまく撮れない」「星景写真(星と風景の写真)を撮ろうとしても、風景が黒く潰れてしまう」などのように悩んでいる方は多いと思います。これは、月の状態が合っていない可能性が高いです。撮りたい写真と、最適な月の状態は以下の関係になります。

撮りたい写真と月の状態との関係
①天の川や、星だけを撮りたい→新月 or 月が地球の反対側にかくれているときが良い
②星景写真を撮りたい→半月が地上に現れているときが良い

①の理由は、天の川のように弱い星の光は、月の光によって見えにくくなってしまうからです。②の理由は、半月が風景を照らしてくれて、尚且つ明るい星の光は半月の光があっても見えるからです。(ちなみに、満月の際には風景が見えやすくなるかわりに、星はほとんど見えなくなります)

今回の記事では、月の状態の調べ方や、月の状態によってどのように撮れる写真が変わってくるかを紹介します。

月の状態によって撮れる写真の違い解説

新月 or 月が隠れているとき

新月や、月が地球の裏側に隠れているときには、天の川などの弱い星がよく写ります。

以下は、半月が地球の裏側に隠れているときに撮影した星景写真です。天の川がよく写っています。その代わりに、山並みは黒く潰れています。この数十分後に半月が地上に上がってきたときには、天の川は見事に消失してしまいました。

f1.4, ss20, iso1000, 換算焦点距離24mm, jpeg撮って出し


以下も同様に、月が隠れているときに撮影した星景写真です。天の川は見えていますが、手前の妙高山は黒く潰れてしまっています。

f1.4, ss20, iso800, 換算焦点距離24mm, jpeg撮って出し



写真によっては、以下のようにlightroomやphotoshopを使うことで、山並みをある程度見えるように編集することも可能です。

f1.4, ss20, iso800, 換算焦点距離24mm, photoshop編集


半月のとき

以下の写真は、半月(月齢7.2)の月が地上に出ているときに撮影した星景写真です。

星だけでなく、手前の硫黄岳も明るく写っています。その代わりに、先ほどの写真と比べるとやや写っている星の数が少ないことがわかるかと思います。これは、明るさの弱い星が月明りで見えなくなっているためです。

f2, ss20, iso1600, 換算焦点距離24, jpeg撮って出し


以下のようにlightroomやphotoshopを使うことで、星をある程度見えるようにすることも可能です。個人的には、星景写真を撮りたいときには半月のときが最適だと思っています。星と景色の見えるバランスが良いからです。

f2, ss20, iso1600, 換算焦点距離24, lightroom編集後


満月のとき

以下は、満月が地上に出ているときに撮影した星景写真です。

先ほどの半月の例よりもさらに星が見えにくくなった一方で、山並みがはっきりと写っていることがわかるかと思います。ぱっと見、昼間かと勘違いしそうになるくらいです。

f2.8, ss5, iso1600, jpeg撮って出し


以下のようにlightroomやphotoshopを使うことで、弱い星をある程度見えるように編集することも可能です。しかし限度があり、月明りが弱いときに撮影した写真並には星は見えません。

f2.8, ss5, iso1600, lightroom編集後


月の状態の調べ方

以下に、月の状態(浮き沈みの時間帯、月齢)を調べる方法を紹介します。

時間帯

国立天文台から、 月が出てくる時間帯と、沈む時間帯を調べることができます。山では圏外になる可能性があるので、予めスマホでスクリーンショットを取っておくとよいです。

月齢

月の朔望のページから、月の月齢(満ち欠け)を調べることができます。同様にスクリーンショットを取っておくと良いです。

関連記事、商品

関連記事を以下に紹介します。

以下は星空撮影時の機材、設定方法、天候条件の紹介記事です。

【星空・星景撮影】カメラ、設定方法、天候の紹介【登山】
「満点の天の川や、オリオン座を写真にきれいに収めたい」と考える方は多いと思います。 しかし星の光はとても弱いため、使う道具や設定を間...



可能であれば、街明かりを除去することのできる光害カットフィルターがあると良いです。様々なメーカーから光害フィルターが発売されていますが、筆者はマルミ製の「StarScape」をおすすめします。


以下は、富士フイルムのカメラで星空を撮影する際の設定紹介記事です。

【富士フイルム】星空撮影時のカメラ設定の紹介【おすすめ】
「富士フイルムのカメラを使っているけれど、星の撮影の仕方が分からない/綺麗に撮影できない」と悩んでいる方も多いと思います。筆者は富士フイル...



以下は星空撮影用おすすめ三脚の記事です。

【おすすめ】登山用三脚は3つの基準で選べば大丈夫。
三脚を選びで重要なのは「パイプ径」「素材」「段数」「重量」です。カメラ種類別にオススメとなる三脚を紹介します。



以下は、Adobe社のRAW現像ソフト「lightroom」にて星空をRAW現像する方法です。カメラ内現像だけでは、星空を美しく見せるのには限界があります。

【lightroom】天の川・星空の現像方法・作例の紹介
星空や天の川の写真は、普通にカメラで撮影するだけであったり、カメラ内の設定を変更するだけでは美しく見せることに限界があります。そこで、li...



ネットショップをうまく利用することで、レンズを数千円~数万円お得に購入することができます。

価格.comが最安!...ではない。カメラ、レンズ、家電をネットで安く買う方法の紹介。
カメラやレンズは、安くても10万円、高いと20万円もします。よって、購入方法(どこでどのように買うか)によって、価格が数千~数万円も違って...




今回の記事は以上となります。

error: Content is protected !!