Translate

山岳/風景写真の構図~近景、中景、遠景編~

漠然と写真を撮ると、奥行き感のない平面的な写真となってしまいます。
そこで、写真に近景、中景、遠景を入れることで、奥行き感のある写真を撮ることができます。

今回の記事では、筆者の撮影した写真を元に、近景、中景、遠景を取り入れた写真を撮る際のコツについて紹介します。

尚、本記事はミラーレスカメラや一眼レフカメラユーザー向けに書いていますが、スマートフォンやコンデジで撮影をする際にも使える内容となっています。

写真の良さは、カメラの性能よりも撮影者の腕(構図を決める能力)に頼る部分が大きいです。

コツ(must)

写真解説に入る前に、撮影上のコツについて説明します。

F8以上に絞ろう

F値を最低でもF8以上に絞り、写真奥行全体に渡りピントを合わせましょう。いわゆるパンフォーカスというやつです。
レンズが解放に近くなる(=F値が小さくなる)ほど、前景か背景がボケてしまいます。(いわゆるピンフォーカス)

尚、センサーサイズの小さなコンデジやスマートフォンを使っている場合、この点については気にする必要がありません。
カメラの仕組み上、センサーサイズが小さい場合には特に気にせずとも全体にピントが合います。

絞りとF値については以下記事をご参照ください。

前回の焦点距離に関する記事はこちらを参照 山岳撮影において特に大事となってくるカメラの設定値は、焦点距離、F値(絞り)、シャッター速...

ピントを中景に合わせよう

ピントを中景に合わせましょう。そうすることにより、前景と遠景にもピントが合うようになります。

広角レンズを使おう

広角レンズを使いましょう。広角レンズを使うことで前景を入れやすくなります。標準以上の焦点距離のレンズでは、前景を入れることが厳しくなります。また、望遠レンズを使ってしまうと、圧縮効果により写真に奥行き感が無くなります。

尚、スマートフォンや通常のコンデジを使っている場合には、最も景色が広く写る倍率で撮影すればOKです。

焦点距離については以下記事をご参照ください

山に登ると景色がすばらしいです。この景色を記憶だけでなく、記録(写真)に残したい!と考える方も多いかと思います。 そこで大事になって...

コツ(better)

以下に「できることなら守った方がいい」コツを記載します。
感覚としては、「なるべく守った方がいい写真が撮れるよ」くらいで、すべてのコツを守る必要はありません。
というよりも、すべてのコツを守ることのできるロケーションにはなかなか巡り合えないため、撮影機会を損失します。

中景には奥行を持たせよう

中景は、前後方向に距離があるものが望ましいです。
(例:手前から奥に伸びる稜線など)
これによって、中景が近景と遠景とを繋ぐ役割を果たします。

近景はなるべく写真のフチにアップで配置しよう

可能であれば、近景をなるべく写真のフチにアップで配置することをオススメします。
近景が遠くにあると、中景との差別化ができず、中途半端な奥行き感となってしまいます。

他の構図も取り入れよう

三分割法や、四分割法など他の構図のテクニックも取り入れましょう。
写真がよりよく見えます。
三分割法については、以下記事をご参照ください。

三分割法とは 漠然と写真を撮ると、ついつい被写体を写真の中央に配置しがちです。しかし、この配置ではあまりいい写真になることはありませ...

ある程度魅力的な被写体を選ぼう

近景、中景、遠景の少なくとも2つには、魅力的な被写体を選びましょう。
あまり魅力的ではなく、被写体としてNGになりやすいのは以下の通りです。

  • 単純な木の枝や幹
  • 単純な稜線

ただし、雪のついた木の枝や、つるの巻き付いた幹、岩のごろごろ転がった稜線などは、魅力的な場合があります。この場合は被写体として選ぶのもありでしょう。

「近景」「中景」「遠景」2要素だけでもOK

実質、山において近景、中景、遠景の3要素をすべて取り入れることのできる機会は少ないです。
筆者の場合は、1回山に登って、1回有るか無いかです。
よって、まずはこれら3要素のうち2要素を入れることを目指しましょう。
2要素であれば、撮影機会はそこそこ多いです。

3要素すべてを入れられそうなロケーションが見つかったら、そのときは好機です。
いろいろな角度や焦点距離で、写真を撮影して練習してみましょう。

近景と遠景のみを撮影した参考例。
近景…画面左下のテント
遠景…画面上部の鹿島槍ヶ岳

中景と遠景のみを撮影した参考例。
中景…画面中央の登山者と、その背後の登山道
遠景…画面左上の山並み

写真紹介

前置きが長くなりましたが、筆者が撮影した写真の紹介に移ります。

スケッチする登山者

上の写真は、残雪期の白馬連峰にて、雪山とそれをスケッチする登山者を撮影したものです。
この写真を近景、中景、遠景に分解してみましょう。


分解したものが上記になります。

近景は登山者です。
登山者が画面下にアップで写っているため、迫力が出ています。
もっと遠くから撮影していたら、登山者が写真から遠ざかり中途半端な写真となっていたでしょう。

遠景は、残雪を被った北アルプスの山並みです。

中景は雪をかぶった稜線です。
中景は徐々に遠ざかっていくため、近景と遠景とをつなぐ役割を果たしています。


尚、この写真には三分割法も使われています。
近景の登山者は三分割法における右下交点に位置します。
近景と中景との境界が、三分割法における下の横線上に位置します。


北岳に向かう登山者

上の写真は、厳冬期の北岳と、そこに向かう登山者を撮影したものです。
この写真を近景、中景、遠景に分解してみましょう。


分解したものが上記になります。

近景は登山者です。
写真において、登山者の進行方向に広い空間があることがポイントです。
これによって、写真に広がりが出ます。

遠景は、大迫力の北岳バッドレスです。

中景は雪をかぶった登山道です。
中景は徐々に遠ざかっていくため、近景と遠景とをつなぐ役割を果たしています。


尚、この写真には三分割法とよく似た四分割法も使われています。
登山者は、四分割法における左下交点に位置します。
北岳は、四分割法における右上交点に位置します。

朝日に染まるテント場

上の写真は、朝日とそれを浴びるテント場を撮影したものです。
この写真を近景、中景、遠景に分解してみましょう。


分解したものが上記になります。

近景はテントです。
テントが画面左下にアップで写っているため、迫力が出ています。
もっと遠くから撮影していたら、テントが写真から遠ざかり中途半端な写真となっていたでしょう。

遠景は、朝日と、朝日を受けて影となった山並みです。
中景は雪をかぶった稜線です。


尚、この写真には三分割法も使われています。
テントが、左下交点に位置します。
遠景の山並みと地平線との境界が、上の横線上に位置しています。


快晴の裏銀座縦走路

上の写真は、裏銀座縦走路と、縦走路を歩く登山者を撮影したものです。
この写真を近景、中景、遠景に分解してみましょう。


分解したものが上記になります。

近景は、登山者と手前の岩です。
岩が写真手前にアップで広がって写っているため、迫力が出ています。

遠景は、北アルプスの山並みです。

中景は裏銀座縦走路です。
縦走路が手前から奥に向かって伸びているため、近景と遠景とを繋ぐ役割を果たしています。


東天狗岳から西天狗岳を望む

上の写真は、東天狗岳を撮影場所として、西天狗岳を撮影したものです。
この写真を近景、中景、遠景に分解してみましょう。


分解したものが上記になります。

近景は稜線上の岩です。
岩が写真手前にアップで広がって写っているため、迫力が出ています。
遠景は、西天狗岳の頂上です。

中景は、東天狗岳と西天狗岳とを繋ぐ稜線です。
中景は徐々に遠ざかっていくため、近景と遠景とをつなぐ役割を果たしています。


尚、この写真には三分割法も使われています。
左下と右上の交点には、変曲点が位置しています。
遠景の山並みと空との境界が、上の横線上に位置しています。


今回の記事は以上になります。
近景、中景、遠景を同時に撮影できる機会は少ないですが、ぜひチャンスを伺ってみてください。
これまでとは違う写真が撮れるはずです。

error: Content is protected !!