【靴乾燥】カラリエをオススメする4つの理由

「登山靴が臭い」とか「登山靴の中が濡れてしまったが、なかなか乾かない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。臭い登山靴を放置しておくと水虫の原因になるし、濡れたまま放置しておくと劣化を速めてしまいます。そこで、専用の乾燥機で靴の内部を乾燥・殺菌すると良いです。

今回の記事では、登山靴内部のメンテナンス(乾燥)方法として、アイリスオーヤマから発売されている脱臭くつ乾燥機 カラリエを紹介します。

(足の臭いが気になる場合は、こちらの記事を参照)

オススメポイントの紹介

オゾンで脱臭・殺菌できる

オススメポイント1つ目は、オゾンで脱臭・殺菌できる点です。

オゾンは殺菌作用を持つ気体で、病院でもインフルエンザやノロウイルスの殺菌にも使用されているものです。しかも、オゾンは分解すると酸素に変化するため、残留毒性もありません。「本当にオゾン出ているの?」と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、ちゃんと出ています。筆者は仕事上オゾンを使うことがあるのですが、乾燥機の運転中に鼻を近づけると、確かにオゾンの匂いがします。

オゾン脱臭モードを付けた様子

温風でつま先まで乾燥可能

オススメポイント2つ目は、乾燥機のノズルが伸びて、靴のつま先部分まで温風を送れる点です。

ドライヤーではつま先部分まで送風することができないため、なかなか乾かすことができません。

靴乾燥機のノズルを伸ばした様子

タイマーで自動で切れる

オススメポイント3つ目は、タイマーを使って自動で電源が切れる点です。

登山で夜遅く帰宅しても、カラリエをセットしてから眠れば、翌朝には自動で電源が切れています。靴の濡れ具合に合わせてタイマーの時間を180、120、60、30分の4段階で調整可能です。筆者の場合は、いつも120分で設定しています。この設定で靴が乾かなかったことはありません。

タイマーを120分にセットした様子

値段が安い

オススメポイント4つ目は、これだけ機能が詰まってわずか5,000円前後でカラリエを購入可能な点です。

登山靴は、安いものでも1万円、高い厳冬期用のものだと6万円以上します。5,000円で登山靴を長持ちさせることができれば、安い買い物だと思います。

注意点

もちろん、カラリエにはいい点だけではありません。以下に注意点を2つ記載します。

靴の外側は乾かない

注意点1つ目は、カラリエでは、靴の外側を乾かすことはできない点です。靴の外側を乾かすためには、登山靴を影干しする必要があります。

運転音がうるさい

注意点2つ目は、カラリエの運転音がうるさい点です。

寝室でカラリエを運転すると、おそらく眠れないでしょう。テレビの横でカラリエを運転すると、テレビの音はほとんど聞こえないでしょう。この点については、台所、廊下、洗面所、人のいない部屋などでカラリエを運転することで解決できます。(ただし、カラリエはコンセントから電源を得ているため、コンセントのある部屋に限ります)



脱臭くつ乾燥機・カラリエの紹介記事は以上になります。



尚、足の臭いが気になる!という場合には、以下記事をご覧ください。

運動時/後の汗の臭いを低減する5つの方法【スポーツ、登山】
登山などのスポーツでは、汗の臭いや体臭に悩まされます。特にシャワーやお風呂に入れないまま夜を超す、2泊以上の登山であればなおさらです。友達...
error: Content is protected !!