2020年シーズンは、コロナの影響で登山道が閉鎖されていたり、山小屋や隣接するテント場が休業していることがあります。また、人数を少なくするため予約制となっているテント場もあります。
事前に情報を確認しましょう。

・YAMAPの山小屋・テント場情報はこちら
・山渓オンラインの登山道情報はこちら

Translate

【厳冬期・雪山登山】塩見岳~長く険しい道の果てに~

2019年12月28~30日の日程で、塩見岳に雪山テント泊登山にいってきました。

塩見岳の紹介

塩見岳は、南アルプスの中央に位置する、標高3,052mの山です。
山名の由来は、山頂から海(駿河湾)が見えることと、山麓で塩が取れることの2説があります。

無雪期の塩見岳には、一泊二日で登ることができます。
一方冬季には手前の道路が閉鎖され、体力と技術力の両者を求められる、難しい雪山と化します。
二日目のコースタイム10時間の行程、天狗岩のトラバース、山頂直下の岩とアイスのミックス、等々…。

登山ルート詳細

本ルートの詳細を以下に記します。

(初日)鳥倉林道冬季ゲート→三伏峠[コースタイム6時間]
(二日目)三伏峠→塩見岳山頂→三伏峠[コースタイム10時間]
(三日目)三伏峠→鳥倉林道冬季ゲート[コースタイム5時間]

本ルートについては、山と渓谷社の「厳選 雪山登山ルート集」に詳細が記されています。
雪山では雪崩防止のため、通行できるルートが限られています。
必ずルートを下調べしてから通行するようにしましょう。

林道歩き

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時刻は12/28未明。
鳥倉林道冬季ゲートの駐車場へとやってきました。
星空がきれいです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冬季ゲートの300m手前の地点が駐車場になっていて、5台程度駐車可能です。
ここに停められなかった場合には、林道の路肩に駐車をすることになります。
林道工事のトラックが通行するため、確実に邪魔にならない場所に停める必要があります。
ちなみに、この駐車場にトイレはありません。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冬季ゲートをくぐり登山開始です。
序盤は3時間弱の長い林道歩きです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日の当たらない箇所は積雪しています。
車輪の跡はアイスバーンになっていて滑りやすいので、うまく凍っていない箇所を歩くのが良いでしょう。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いたるところに落石があります。
歩いていても、落石の音が頻繁に聞こえてきます。
念のためにヘルメットを付けておくとよいでしょう。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

林道からは、たまに中央アルプスが見えます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木々の隙間から中央アルプス。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕立神パノラマ公園にやってきました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕立神パノラマ公園のトイレは、この時期でも利用可能です。
洋式のキレイなトイレです。
ただし、トイレットペーパーは要持参です。

ここを逃すと、三伏峠までトイレはありません。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだまだ林道は続きます。
今回、魚眼レンズをレンタルしてきました。
こんな感じに横の歪んだ不思議な写真を撮れるレンズです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

南アルプス南部の山々がたまに顔を覗かせます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

二カ所目のゲートを超えていきます。
夏の時期は、ここまで車で入れるのですが…


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏ゲートの横には文字の消えかけた木板がありました。
文字を拾って読むと、「ライチョウ…ペット….?」
家で雷鳥を飼えたら可愛いでしょうね。
ライチョウは暑さに弱いので、冬でも冷房全開で過ごす必要がありそうですが….


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このあたりで、マウンテンバイクに乗った登山者に追い越されました。
なるほど、その手があったか。
積雪やアイスバーンの箇所だけ自転車を降りれば、自転車はショートカットにとてもよいです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気温は氷点下。
滝も氷る寒さです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何カ所目かのカーブを超えて


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに超えて


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鳥倉登山口に到着しました!


登山関連の返礼品も多数!

三伏峠

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山道の始まりです。
雪は少ないので、ツボ足(ノーアイゼン)で登っていきます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あ、野生の山鳥が、飛び出してきた!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木の隙間から顔を出す山鳥さん。
か、かわいい…。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小枝の上に留まる山鳥さん。
ちなみに、今回のヤマメシは麓から持参した鶏肉です。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山鳥トラップに引っ掛かること数分。
気を取り直して登っていきます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山道からは、たまに周囲の展望が効く箇所があります。
こちらはおそらく小河内岳。
今回のルートでは、塩見岳の代わりに小河内岳を目指すこともできます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何度目かの中央アルプス。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登っていきます。
推定重量25kgのザックが、じわりじわりと体力を奪っていきます。
もはや亀の歩みです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初日は三伏峠にて幕営予定です。
なぬ、まだ半分しか登っていないのか…。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木の隙間から差し込む光が美しいです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山座同定できず。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のメインカメラはオリンパスのOM-Dシリーズです。
オリンパスブルーと言って、空の青が淡く美しく写ります。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左は荒川三山。
山深い山域のため、積雪期には容易に近づくことはできません。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだまだ登ります…。
体力が疲弊しており、腕と足がバラバラにしか動きません。
亀を通り越してゾンビウォークみたいになってます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やった!
後200歩で幕営地・三伏峠に到着です。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三伏峠小屋を視界に捉えました!
砂漠のオアシス、いや、ゾンビにとっての生血です。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当然、この時期には三伏峠小屋は締まっています。
ただし、冬季小屋は開いていますし、トイレもあります。
冬季小屋が満杯だったときに備え、かならず幕営用具を担ぎ上げるようにしましょう。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三伏峠のテント場。
地面を整地し、幕営します。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時刻は移り、夕方4時過ぎ。
アーベントロートに染まる蝙蝠岳です。
長かった一日目が終わりを告げようとしています。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは塩見岳。
明日登頂予定です。


二日目。塩見小屋まで

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

二日目の始まりです。
この日はコースタイム10時間の長丁場となるため、まだ暗い朝4時に出発します。
地面が凍っていることを恐れ、序盤は12本アイゼンとダブルストックで登っていきます。
(ただし、後々必要になるため、ヘルメットとピッケルも忘れずに持っていきます)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三伏山のあたりにて。
駒ケ根市街地の街明かりです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暗闇を歩くこと約2時間。
地平線がマジックアワーに染まってきています。
夜明けはもうすぐです。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塩見岳のシルエット。
樹林帯の隙間から、たまに展望が効きます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塩見小屋の手前までは、アップダウンの多い嫌らしい尾根です。
ちなみに、今回はトレースがバッチリついているため、ツボ足(ノーアイゼン)か軽アイゼンが登りやすいです。
一方、ブログ主はアイゼンケースをテント場に忘れてきたため、12本アイゼンを終始付けることを余儀なくされています。
足元が重い…。修行ですね。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塩見小屋まであと40分!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塩見小屋の手前で、長かった森林限界を越えます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左は間ノ岳、右は農鳥岳です。
南アルプス北部の山々が良く見えます。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは仙丈ケ岳。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左の乗鞍岳から、右の後立山まで、北アルプス全域をバッチリ見渡すことができます。
とても天気が良い日に登れています。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塩見小屋に到着しました。
小屋の影で風を休めながら、小休止や装備変更をすると良いでしょう。
尚、塩見小屋には冬季小屋がありますが、入口が一階にあるため扉が雪で埋もれてしまうこともあり、あてにするのは危険です。

次ページでは、本山行最大の難所を超え、塩見岳山頂に迫ります。

登山関連の返礼品も多数!
error: Content is protected !!