Translate

ピンボケ補正の決定版!Sharpen AIの作例紹介【クーポン付】

自分で撮った写真を家に帰って見返してみたら、写真に不具合が発生していてショックを受けることもあるかと思います。不具合の例としては「ピンボケしていた」「手振れ・被写体ブレしていた」「明るい場所で絞りすぎて、回折現象で画質が悪化していた」などです。

いい写真が撮れたと思ったときほど、ショックは大きいですよね。
しかし、あきらめるのはまだ早いです。

Topaz Sharpen AIを使えば、これらの不具合をわずか数クリックで補正することが可能です。

今回の記事では、筆者が撮影した不具合写真を元に、Topaz Sharpen AIの作例を紹介します。

お得なクーポン配布中
Topaz Sharpen AIを購入時に「mountain15」と入力すると15 %オフで購入できます。ぜひご利用ください。

クーポン入力画面

使い方

まずはソフトの使い方を紹介します。

Topaz Sharpen AIに写真を取り込んだら、右側のサイドバーで設定を調整します。

Topaz Sharpen AIの右側サイドバー

① 補正モード

まず、①から「(a)Motion Blur」「(b)Out of Focus」「(c)Too Soft」のいずれかを選択します。

被写体ブレや手振れを補正した場合には①を、ピンボケを補正したい場合には②を、絞り過ぎ(F値の上げすぎ)による回折現象による画質の悪化を補正した場合には③を選択すると、うまくいくことが多いです。

② 補正の強さ

次に、②から補正の強さを選択します。

通常は「Normal」を選んでおけば問題ありません。いったんNormalで手順④まで進んでみましょう。Normalでうまくいかない場合には②からやり直しです。ノイズの多い写真には「Very Noisy」を、ブレやボケのひどい写真には「Very Blurry」を選択し、再度④まで手順を進めましょう。

③ Auto

さらに、Settings③からAutoの有無を設定します。

通常はAutoをonにしておけば問題ありません。手動で調整したい場合にはAutoをoffにしておき、Remove Blurなどのパラメーターを手動で調整すればよいです。

④ Save Image

最後に、Save Image④を押せば補正が始まります。

ちなみに、筆者のPCはIntel Core i9を搭載する比較的スペックの高いマシンですが、それでも2,600万画素の写真を補正完了するのに1分半の処理時間を要しました。補正処理が完了するまで気長に待ちましょう。

RAW現像向け高スペック自作PCの紹介~パーツ選定、組立編~
筆者は、6年前に自作したPCを使って写真編集(RAW現像)を行っています。このPCは当時のミドルクラスの能力を持っているのですが、RAW現...

作例紹介

風に揺れる花

以下は、風に揺れる高山植物の作例です。

写真左の黄色い花が風に揺れて、被写体ブレを起こしています。


上記写真をTopaz Sharpen AIで補正し、花の部分を拡大したものを以下に示します。
左が元画像、右が補正画像です。
補正モードは「Motion Blur」、補正の強さは「Normal」です。



どうでしょうか。ブレて輪郭のはっきりとしなかった花が、明らかに補正されているのがわかるかと思います。

ピンボケの風景

以下は、針ノ木岳の山頂から立山と黒部ダムを撮影した作例です。
全体図だとわかりにくいですが、微妙にピントが外れてしまっています。


上記写真をTopaz Sharpen AIで補正し、中央部を拡大したものを以下に示します。
左が元画像、右が補正画像です。
補正モードは「Out of Focus」、補正の強さは「Normal」です。


どうでしょうか。いまいちあまかった山や木々の輪郭が補正され、輪郭がはっきりとしたのがわかるかと思います。

絞り過ぎた木々

以下は、F22で撮影した滝です。
シャッタースピードを遅くして滝を流した副作用として、F値が22まで上がってしまい回折現象による画質の悪化が見られます。拡大してみると、木々の輪郭が潰れてしまっています。


上記写真をTopaz Sharpen AIで補正し、木々の一部を拡大したものを以下に示します。
左が元画像、右が補正画像です。
補正モードは「Too Soft」、補正の強さは「Normal」です。


どうでしょうか。
回折現象によって甘くなってしまった木々の輪郭が、はっきりと蘇ったのが分かるかと思います。

ピンボケの星空

以下は、4月に撮影した星空です。

撮影した際には気が付かなかったのですが、ピントが甘く星がボケています。


上記写真をTopaz Sharpen AIで補正し、中央部を拡大したものを以下に示します。
左が元画像、右が補正画像です。
補正モードは「Motion Blur」、補正の強さは「Very Blurry」です。

(補足)
1.原理から言えば「Out of Focus」を適用すべきですが、「Motion Blur」の方が補正できていました
2.Normalでは補正が弱かったため、Very Blurryを適用しました


どうでしょうか。
ピンボケして面積の大きくなっていた星が、点像になったのがわかるかと思います。

まとめ

Adobe Photoshopでもブレを補正することはできますが、Topaz Sharpen AIの方が明らかに優れているように思えます。
Topaz Sharpen AIの紹介記事は以上になります。

お得なクーポン配布中
Topaz Sharpen AIを購入時に「mountain15」と入力すると15 %オフで購入できます。ぜひご利用ください。


クーポン入力画面

この記事に「いいね!」と思ったら、SNSでシェアをお願いいたしますm(_ _)m

フォロワーも募集中です。

error: Content is protected !!