Translate

【富士フイルム】カラークロームエフェクトの実例紹介【山岳写真】

富士フイルム製ミラーレスカメラの一部には、カラークロームエフェクトという機能が搭載されています。

カラークロームエフェクトとは(富士フイルム公式HPより)

陰影のある色鮮やかな花のように、彩度が高く階調表現が難しい被写体において、従来よりも深みのある色再現、階調再現が可能です。

掻い摘んでいうと、色の濃い花などでは、色が濃すぎてディテール(詳細)が潰れてしまうので、カラークロームエフェクトを使うことでディテールが見えるようになるよ!ということです。

今回の記事では、筆者が撮影した写真を用いてカラークロームエフェクトの実例を紹介していきます。

尚、rawデータを保管しておけば、カラークロームエフェクトのON, OFFを後でも設定可能です。撮影時にカラークロームエフェクトをONにしておくと、データ処理時間がかかり撮影時間が伸びるので、後でONにするのも良いでしょう。

カラークロームエフェクトの実例

以下に様々な色におけるカラークロームエフェクトの実例を紹介していきます。
左側がカラークロームエフェクトOFF、右側がONです。

赤系

1枚目はコスモスです。
左側のカラークロームエフェクトOFFの写真では、花弁の内側がピンク色に潰れてディテールがやや見えなくなっています。
一方、右側のカラークロームエフェクトをONの写真では、花弁の内側の陰影がくっきりと写り、ディテールが見えるようになっています。




2~3枚目は紅葉です。
紅葉の中でもカエデなど赤色のものは、全体が赤色に潰れてディテールが見えにくくなる傾向があります。
そこで、カラークロームエフェクトをONにすることでディテールが見えるようになります。

.

黄色系

4~6枚目は黄色の高山植物です。
それぞれシナノキンバイ、マルバダケブキ、ニッコウキスゲです。
黄色い花では全体が黄色に潰れてディテールが見えにくくなる傾向があります。
そこで、カラークロームエフェクトをONにすることで、ディテールが見えるようになります。
今回紹介した以外にも、黄色い高山植物はとても多いです。
黄色い高山植物を見たら、カラークロームエフェクトの使い時でしょう。

.

.

緑系

7枚目は緑の登山道です。
左側のカラークロームエフェクトOFFの写真では、手前のトラバース道の緑がやや潰れてディテールが見えにくくなっています。
一方、右側のカラークロームエフェクトONの写真では、ディテールが見えるようになっています。

カラークロームエフェクトの効果が無い例

シチュエーションによっては、カラークロームエフェクトの効果がほとんど見られない場合もあります。以下に実例を記載していきます。
左側がカラークロームエフェクトOFF、右側がONです。

モルゲンロート

1枚目はモルゲンロート(朝日)です。
モルゲンロートでは空がオレンジ色に染まり、ディテールが消失する傾向にあります。
そこでカラークロームエフェクトを使うことでディテールが見えるようになるのではないか…と考えたのですが、効果はほとんどありませんでした。

2枚目は白い葉が特徴のミネウスユキソウです。エーデルワイスの近縁種としても知られています。
白い葉のディテールが潰れているため、カラークロームエフェクトを使うことでディテールが見えるようになるのではないか…と考えましたが、効果はありませんでした。

淡い色

3枚目は淡いピンク~青色の高山植物です。
色が淡いことでディテールが見えにくいです。
カラークロームエフェクトをONにすることでディテールが見えるようになるのではないか…と考えましたが、うまくいきませんでした。

カラークロームエフェクトを使えるカメラの紹介

カラークロームエフェクトを使える富士フイルムのカメラは限られています。
(全ての機種でカラークロームエフェクトを使えるわけではありません。)
以下に、カラークロームエフェクトを使えるカメラ本体を紹介します。

X-T4

X-T4は、ボディ内手振れ補正の採用された最新モデルです。
この機種を買っておけば間違いはありません。

X-T3

X-T3もオススメです。
X-T3はX-T4の前機種であり、ボディ内手振れ補正や一部のフィルムシミュレーションが省かれています。しかし、センサーは同じものを使っているため、カメラとしての根幹は同じです。
2020年9月27日まで、30,000円のキャッシュバックキャンページが実施されています。

X-Pro3

一風変わったカメラとしては、X-Pro3もオススメです。
X-Pro3はX-T3の兄弟機種で、ファインダーがレンジファインダーになっています。また、液晶が隠れているという変わった特徴を持ちます。

X-T30

X-T30は、X-T3の廉価版の位置づけであり、防塵防滴性能やISO感度ダイヤルが省かれています。(ISO感度はデジタルモニターから調整)
しかしカメラとしての性能には全く変わりはありません。
そして重量は脅威の380gです。超軽量・高画質ミラーレスカメラと言えるでしょう。

フジフイルム X-T30 XF18-55mmレンズキット シルバー

ちなみに、X-T2(X-T3の前機種)やX-H1(X-T4が発売されるまで、富士フイルムで唯一ボディ内手振れ補正が搭載されていた機種)にはカラークロームエフェクトは搭載されていません。



尚、RAW現像ソフト「lightroom」や「Luminar4」を使うことで、カラークロームエフェクトのようにディテールを見えるようにすることも可能です。この方法であれば、機種による制約はありません。

写真好きな方であれば、カメラ内現像や、メーカー付属の無料ソフトで現像をする方が多いと思います。ホワイトバランス、露出補正etc... ...
Luminar4は、SKYLUM社から2019年11月18日に発売された写真現像ソフトウェアです。Luminar4では、現像ソフトの王道・...

今回の記事は以上になります。

error: Content is protected !!