Translate

写真現像ソフトLuminar4「旅の情熱を形に(Capture Your Wanderlust)Looks」の実例紹介

本記事は、ワンクリックで写真の見た目を劇的に良くできる写真現像ソフト・Luminar4のLooks紹介記事です。
今回は、Looks「旅の情熱を形に(Capture Your Wanderlust)」の紹介です。

Looksとは

Skylum社から発売されている写真現像ソフト・Luminar4には、1クリックで写真の雰囲気を変更できる「Looks」という機能があります。
Looksには様々な種類があり、例えば樹林帯の写真に適した「魔法の森」
旅の写真に適した「旅の情熱を形に」
東京の写真に適した「メトロ東京」

などがあります。
さらに、各Looksにはさらに細かく写真の雰囲気を変更できる「小Looks」※があります。
たとえば「Looks:旅の情熱を形に」の場合には、木々などの緑を強調できる「green tint」
朝などの薄暮時の雰囲気を強調できる「golden hour」
ドラマチックな印象を強められる「dramatic」

などの小Looksがあります。

(※厳密には小Looksという呼び名はありませんが、当記事では便宜上この名称で呼ばせていただきます)

本記事では、筆者が撮影した写真を元にして、Looks「旅の情熱を形に(Capture Your Wanderlust)」の実例を紹介します。

Looks:旅の情熱を形に(Capture Your Wanderlust)作例紹介

以下に、筆者の撮影した写真を用いて旅の情熱を形にLooksの実例を紹介していきます。
現像にはすべてrawファイルを使用しています。
(もちろん、jpegファイルでの現像も可能です。)

1枚目

以下は、3月に遠見尾根から撮影した鹿島槍ヶ岳です。
雲海上から顔を出す鹿島槍ヶ岳が、とても威風があります。




この鹿島槍ヶ岳の威風感をさらに強調するために、小Looks「dramatic」を適用します。
効果は72%に留めておきます。

現像後の写真を以下に示します。
左が現像前、右が現像後です。

鹿島槍ヶ岳の影が強調され、さらに空が深い青になったことで、まさしくドラマチックな印象へと変化しました。

2枚目

以下は、四阿山登山口から撮影した朝日です。
雪面がオレンジ色に染まっており、気持ちのいい時間帯です。




この朝の感じを強調するために、小Looks「GoldenHour」を適用します。
効果は47%に留めておきます。

以下に現像後の写真を示します。
左が現像前、右が現像後です。

空が淡い青色に変化し、朝の爽快感の増す写真となりました。

3枚目

以下は、9月に縦走した赤石岳~荒川三山の登山道です。
標高は3,000mに近いですが、緑が豊かです。




この写真の緑を強調するため、小Looks「greentint」を適用します。
効果は100%に設定します。

以下に現像後の写真を示します。
左が現像前、右が現像後です。

緑が強調され、写真に迫力や立体感が出ました。

4枚目

以下は、10月に撮影した立山連峰の稜線です。




この写真に、小Looks「Bright & Flat」を適用します。
効果は100%に設定します。
Bright & Flatは、直訳すると「明るく平坦」ですが、果たしてどのような写真になるのでしょうか…

以下に現像後の写真を示します。
左が現像前、右が現像後です。

写真が全体的に明るくなり、地平線が見えやすくなったり、手前の登山者が強調されました。
インパクトのある写真に仕上がったかと思います。

Looksのインストール方法

まずは以下の手順に従い、Luminar4およびLooksをインストールします。

Luminar4のインストール

まずはLuminar4を購入・インストールします。
このリンクをクリックし、購入途中の画面に出てくる「プロモーションコードを入力」という欄に「shizukana」と入力することで、割引価格でLuminar4を購入することができます。

Looksのダウンロード

次に、ダウンロード時の指示に従い、各種Looksをダウンロードします。
その他のLooksを購入したい場合には、このリンクから購入が可能です。
Looksの価格は、安いものだと1,000円台で、高いものだと2,000円台です。

Looksのインストール

最後に、Luminar4を起動し、
「ファイル → Luminar Looksコレクションを追加」からLooksファイルを開き、インストールします。

これでLooksが使える状態となりました。
Luminar4から写真を取り込み、Luminar4下部にてLooksを適用することができます。

今回の記事は以上になります。

Luminar4 公式サイトはこちらから
error: Content is protected !!