1x.comでpublishedされた写真の解説(night camp in the sky)

2021/8/11現在、計7枚の筆者の写真が1x.comでpublishedされています。

(1x.comについてはこちらの記事を参照)

1x.comに写真をpublishedされるための基準は公式サイトには記載がされていません。ネット上では「珍しい写真であること」「独特な視点を持った写真であること」「理論的に写真を説明できること」等がpublishedにとって重要だとされているようです。これらに加えて、筆者は「写真の美しさや意図を引き立てるレタッチ」も重要だと感じています。

1x.comでpublishedを目指している方の参考になればと思い、publishedされた筆者の写真について解説します。今回の題材は「night camp in the sky」です。

撮影場所・時間

秋の北岳山荘にて、19時台に今回の写真を撮影しました。

北岳山荘は日本第二位の高峰・北岳の頂上直下に位置する山小屋です。南アルプスにしては珍しく、森林限界よりも上部に位置します。甲府市街地と富士山を眺めることができます。

北岳山荘に行くためには登山装備、技術、体力が必要で、一泊二日の時間が掛かります。写真と山の両方に精通した人のみが、今回の写真を撮ることができます。普通の写真家の人が気軽に登ってしまうと遭難の恐れがあり大変危険です。

撮影条件

今回の写真を撮影した際には「雲海が出ている」「月が富士山と雲海を明るく照らしている」「時刻が19時台であり、登山者が就寝しておらずテント内に灯りが付いている」というとても恵まれた(=珍しい)条件でした。

ただし、筆者はこの条件を待っていたわけではなく、たまたまこの条件のときに撮影地点にいただけです。条件が好天するまで根気よく数時間も待つ写真家の人は多いですが、筆者の場合は偶然の一瞬を撮影するスタイルが多いです。このスタイルだったとしても、1回山に登ると1~2回程度は「1x.comで通用するかも?」と思える場面には出会うことができます。

(もちろん、事前に晴天予報、月の出ている時刻や満ち欠け程度は調べています。月の出ている時間や満ち欠けの調べ方はこちらの記事を参照)

構図・伝えたいこと

以下のように、近景、中景、遠景を持った構図としました。

構図
・近景…右前のテント
・中景…雲海
・遠景…富士山と星空

この構図とした理由は以下の2つです。

1つ目の理由は、この構図とすることで雲海が橋渡しの役割をして、テントから富士山まで自然に視線が誘導されるようになるからです。

2つ目の理由は「富士山と雲海の見える絶景のスポットで、夜にキャンプをしている」ということを伝えたかったからです。普通に撮ると、富士山、雲海、星空だけを切り取って撮ってしまいがちです。しかし、これでは単調で伝えたいことの不明確な写真をなってしまいます。

雲海と富士山のみをトリミングした参考写真。平凡な写真となってしまった。



撮影地点は山という特殊な環境なので、テントを近景に入れて撮影できるポイントは多くありません。被写体の位置が固定されていて、しかも撮影地点が登山道上に限られるからです。明るいうちにロケハンをしておくことが重要です。ただし登山道外に出ることは絶対にやめましょう。高山植物やハイマツを傷つけてしまいます。一度傷つけると数年間は草木の生えない場所となってしまいます。

また、山の就寝は早く、遅くとも20時には登山者は就寝するためテントが暗くなってしまいます。日が暮れてから、登山者が寝るまでのわずか数十分間だけ撮影可能な構図です。

いい写真を撮るためには事前準備と瞬間を逃さないことが重要だということです。

レタッチの概要

この写真はphotoshopでレタッチしています。筆者の場合、jpeg撮って出しやlightroomを使ったRAW現像では、publishedされたことはこれまでにありません。よって、前述した「伝えたい事」を引き立てるレタッチが必須だと考えています。

レタッチの方向性は以下の通りです。

「空を好みの黒色にする」
「雲海のコントラストを高めて立体的に見せる」
「テントの色を鮮やかにして存在感を高める」

レタッチ前後の写真を以下に示します。左がレタッチ前、右がレタッチ後です。このレタッチの詳細については、後日別の記事で紹介したいと思っています。

タイトル・説明文

この写真のタイトルは「night camp in the sky」です。邦題は、そのまま「天空の夜空キャンプ」となります。

説明文は以下の通りです。単純に「絶景の地でキャンプをしました」だけで終わらせてはいけません。curatorは説明文もちゃんとチェックしているとされています。今回の説明文には、天気のコンディションが良く雲海を見られたこと、月が出ていたので雲海と富士山を照らしてくれる良い条件だったこと等を記載しています。


(説明文)
Mt. Kita is the second highest peak in Japan.
There is a campsite just below Mt. Kita.
If the conditions are right, you can see the sea of clouds and Mt. Fuji from this campsite.
This time, I took a picture aiming at the condition when the moonlight illuminates the sea of clouds and Mt. Fuji.

1x.comでの写真の評価

この写真の1x.comにおけるpopularityは、88%と96%になりました。筆者の場合、良くても60%程度しか評価してもらえたことがないため、今回はかなり高い評価となりました。

使用機材・カメラ設定

レンズには富士フイルムのXF16mmF1.4 R WRを使用しました。換算24mmの広角レンズなので、今回のように離れた位置にあるテントを近景に入れやすく、そして解放F1.4のため暗所にて使いやすいです。


カメラ本体には富士フイルムのX-T1を使用しました。色味や、APS-Cですが高感度ノイズの低さに定評のある機種です。現在X-T1は廃版となっており、最新機種はX-T4になります。


カメラの設定は以下の通りです。

カメラ設定
・シャッタースピード…10秒
・F値…2.8
・ISO感度…500
・35mm判換算の焦点距離…24mm
・その他…三脚使用



今回の記事は以上になります。

(1x.comでpublishedされた写真の解説記事一覧はこちら!)
error: Content is protected !!