Translate

【レビュー】XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRを登山にオススメする6つの理由

スポンサーリンク

筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」(以下、XF18-135mm)を登山で愛用しています。
おそらく最近1年間の中で、最も使用頻度が高いレンズの1つがXF18-135mmになるかと思います。

今回の記事では、様々なレンズがラインナップされている中で、筆者が XF18-135mmにこだわる理由を6つご紹介します。

XF18-135mmをオススメする人としない人

XF18-135mmをオススメしたいのは、以下の人です。

  • 1本のレンズで、風景撮影から雷鳥などの動物の撮影まで行いたい人
  • 森林限界より上の山にいく人
  • 埃や小雨に気を使いたくない人
  • 冬山にいく人
  • 望遠使用時に三脚を使いたくない人
  • カメラ一式をなるべく重くしたくない人

反対に、あまりお勧めできないのは以下の人です。

  • 1本のレンズで星空撮影まで行いたい人

これらの理由を以下に詳しく説明していきます。
まずはオススメしたい理由からです。

メリット

広角~中望遠域をカバーし、幅広い撮影に対応可能

1つ目のオススメポイントは、XF18-135mmが、換算で焦点距離27mmの広角域から、203mmの望遠域をカバーしていることです。

このレンズ1本で、広大な山の稜線の撮影から、一部の山の切り取り、小動物の撮影までをこなすことができます。
撮影対象が変わってもレンズを交換しなくてもいい、というのが最大のメリットになります。(ちなみに、このような高倍率レンズを「便利ズーム」と呼びます)

各焦点距離が得意とする被写体については、以下記事をご参照ください

山に登ると景色がすばらしいです。この景色を記憶だけでなく、記録(写真)に残したい!と考える方も多いかと思います。 そこで大事になって...

山でレンズを頻繁に交換すると、センサーにゴミが付く可能性があります。
また、レンズを交換しているうちにシャッターチャンスを逃すこともあります。
動物の場合はいつまでも同じ場所にとどまってくれませんし、雲が動くと山への光の当たり方が変化します。

以下に、XF18-135mmを用いて筆者が撮影した写真を紹介します。
焦点距離を変えることで、様々な撮影に対応できることがわかるかと思います。

広角域の写真

XF18-135mmの広角域で撮影した作例を、以下に示します。

ワイド端を使って、稜線の手前から奥までを1枚に収めた。
焦点距離18mm(換算27mm), ss1/640
同じくワイド端を使い、尾瀬ヶ原と周囲の山並みを1枚に収めた。
焦点距離18mm(換算27mm), ss1/480
同じくワイド端を使い、日光白根山とその手前の稜線を1枚に収めた。
焦点距離18mm(換算27mm), ss1/1900
標準~望遠域の写真

XF18-135mmの標準~中望遠域で撮影した作例を、以下に示します。

標準域を使い、剱岳と手前の雪面を切り取った。
焦点距離44mm(換算66mm), ss1/60
中望遠域を使い、北岳バッドレスと登山者を切り取った。
焦点距離88mm(換算132mm), ss1/1600
望遠域の写真

XF18-135mmの望遠域で撮影した作例を、以下に示します。

望遠域を使い、白毛の雷鳥をアップで撮影。
焦点距離135mm(換算203mm), ss1/320
同じく望遠端を使い、冬毛のオコジョをアップで撮影。
焦点距離135mm(換算203mm), ss1/1000
同じく望遠端を使い、枯れ木に留まる小鳥を撮影。
焦点距離135mm(換算203mm), ss1/200
同じく望遠端を使い、モルゲンロートに染まる槍ヶ岳をアップで撮影。
焦点距離123mm(換算184mm), ss1/60

次ページは、XF18-135mmのメリット2つ目を説明します。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!