Translate

【レビュー】XF16mmF1.4 R WRで撮る星空写真とカメラ設定値

筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンXF16mmF1.4 R WR」(以下、XF16mmF1.4 R WR)を星空撮影用途に重宝しています。

XF16mmF1.4 R WRの特性

このレンズの解放F値は1.4となっており、圧倒的な明るさを誇ります。
星空撮影をはじめとした暗所撮影において、このレンズは強力なパワーを発揮します。
一方、解放で撮影した場合には画像周辺部においてサジタルコマフレア(コマ収差)が発生しやすいというデメリットもあります。

以下に、XF16mmF1.4 R WRを用いて絞り設定をF1.4で撮影した画像において、周辺部にサジタルコマフレアが出現している例を示します。

カメラ設定F1.4で撮影した画像の全体図
上記画像の右上拡大図。星がクサビ形に変形している。通称サジタルコマフレア(コマ収差)

F値を解放から2段絞って2.8にするとサジタルコマフレアは目立たなくなりますが、その一方でISO感度を上げることによる高感度ノイズや、シャッタースピードを長くすることによる星の流れが発生してしまいます。

一方を取ればもう一方が成り立たないといった具合です。
そこで、「写真に何を求めるのか。そのためには何を優先して何を犠牲にするのか」の腹決めが大事になります。

筆者は星空撮影後にRAWデータをレタッチ(現像)しています。
ISO感度が小さい方が、レタッチ時に各種現像パラメーターを調整しても画像が破綻しにくくなります。
また、星はできる限り流さずに点として撮りたいです。

よって、筆者の場合の腹決めは「レタッチ(RAW現像)耐性を上げたいから、ISO感度をなるべく低くしたい。星をなるべく流したくないから、SSもなるべく短くしたい。よって、F値を解放にするが、その代わりにサジタルコマフレアなどの各収差を許容する」となります。

理想のカメラ設定値

上記の考え(腹決め)に従って導いた理想的なカメラ設定値を以下に示します。
(この設定値はあくまでの筆者の個人的な考え方に基づくものであり、違った考え方をすれば、当然違った設定値が導かれるはずです)

F値

F値は、解放値、つまり1.4です。
解放値が最もレンズが光を取り込む為です。

シャッタースピード

シャッタースピード(ss)は20秒前後です。
XF16mmF1.4 R WRの換算焦点距離は24mmです。
24mmを以下の式に当てはめることで、20秒が導き出されます。

[星が流れない限界のss]=500÷[レンズの換算焦点距離]
            =500÷24
            =20.833…
            ≒20 s

ISO感度

ISO感度は1200以下です。
現地で写真を撮影し、写真の明るさを見ながらISO感度を調整していきます。

作例とカメラ設定値の紹介

筆者が撮影した画像と、その際のカメラ設定値の紹介に移ります。
(一部画像においては、設定値が前述の「理想のカメラ設定値」からわずかに外れているものもあります)
JPEG撮って出しの画像と、lightroomを用いてRAWデータから現像した画像の両方を載せます。

大部分の写真において、ボディ本体としてX-T3を使用しています。
(一部、旧機種のX-T1を使用しているものもあります)

残雪期の鹿島槍ヶ岳

残雪期の鹿島槍ヶ岳を撮影した例を以下に示します。

jpeg撮って出し
raw現像後

撮影時のカメラ設定は以下の通りです。

  • フィルムシミュレーション…Velvia
  • F…1.4
  • ss…20
  • ISO…800
  • WB…電球
  • body…X-T3
  • lens… XF16mmF1.4 R WR

写真四隅にコマ収差が出ていますが、その代わりにノイズが少ないのがわかるかと思います。

巻機山の樹林帯

巻機山の樹林の隙間から、星空を撮影した例を以下に示します。

jpeg撮って出し
raw現像後

撮影時のカメラ設定は以下の通りです。

  • フィルムシミュレーション…Velvia
  • F…1.4
  • ss…15
  • ISO…1600
  • WB…電球
  • body…X-T3
  • lens… XF16mmF1.4 R WR

ISO感度を1600まで上げてしまいましたが、ノイズ乗りの観点から見てギリギリ許容範囲だったかと思います。

烏帽子小屋からの天の川

烏帽子小屋から天の川を撮影した例を以下に示します。

JPEG撮って出し
RAW現像後

撮影時のカメラ設定は以下の通りです。

  • フィルムシミュレーション…Velvia
  • F…1.4
  • ss…15
  • ISO…1000
  • WB…電球
  • body…X-T1
  • lens… XF16mmF1.4 R WR

厳冬期の乗鞍高原

厳冬期の乗鞍高原を撮影した例を以下に示します。

JPEG撮って出し
RAW現像後

撮影時のカメラ設定は以下の通りです。

  • フィルムシミュレーション…Velvia
  • F…1.4
  • ss…20
  • ISO…1250
  • WB…電球
  • body…X-T3
  • lens… XF16mmF1.4 R WR

現像後よりもJPEG撮って出しの方が幻想的な雰囲気が出ていて良いかもしれません。JPEG撮って出しの画質が良いのが、富士フイルムのカメラの特徴です。

厳冬期・北岳

ボーコン沢ノ頭から厳冬期の北岳を撮影した例を、以下に示します。

JPEG撮って出し
RAW現像後

撮影時のカメラ設定は以下の通りです。

  • フィルムシミュレーション…Velvia
  • F…1.4
  • ss…15
  • ISO…1000
  • WB…電球
  • body…X-T3
  • lens… XF16mmF1.4 R WR

厳冬期・深夜のボーコン沢ノ頭にはなかなか近づくことができません。
このときは気象条件に恵まれました。
普段から星空撮影の練習をしていたため、この際にも問題なく撮影をすることができました。

尾瀬ヶ原から眺める燧ケ岳

尾瀬ヶ原から、燧ケ岳を前景として星空を撮影した例を以下に示します。

JPEG撮って出し
RAW現像後

撮影時のカメラ設定は以下の通りです。

  • フィルムシミュレーション…Velvia
  • F…1.4
  • ss…30
  • ISO…500
  • WB…電球
  • body…X-T1
  • lens… XF16mmF1.4 R WR

ISO感度が500と低すぎたため、元の写真は全体的に暗くなってしまいました。
RAW現像で救いました。

妙高山と天の川

妙高山と天の川を撮影した例を以下に示します。

JPEG撮って出し
RAW現像後

撮影時のカメラ設定は以下の通りです。

  • フィルムシミュレーション…Velvia
  • F…1.4
  • ss…20
  • ISO…800
  • WB…電球
  • body…X-T3
  • lens… XF16mmF1.4 R WR

JPEG撮って出しの画質に定評がある富士フイルムのカメラでも、天の川についてはRAW現像した方が明らかに綺麗に写ります。

木々と星空

テント場から、前景に木々と地面を入れて星空を撮影した例を以下に示します。

JPEG撮って出し
RAW現像後

撮影時のカメラ設定は以下の通りです。

  • フィルムシミュレーション…Velvia
  • F…1.4
  • ss…30
  • ISO…800
  • WB…電球
  • body…X-T3
  • lens… XF16mmF1.4 R WR

拡大してみると、ややピントが甘いようにも見えます。
星空撮影時のピント合わせは、何度やっても難しいです。
一度ピントを合わせても、他の設定値を変更している際に誤ってピントリングに触れてしまい、ピントがずれてしまうことも多々あります。

厳冬期・乗鞍岳

厳冬期の乗鞍岳を撮影した例を、以下に示します。
写真において右が乗鞍岳、左は登山道の存在しない高天ヶ原です。

JPEG撮って出し
RAW現像後

撮影時のカメラ設定は以下の通りです。

  • フィルムシミュレーション…Velvia
  • F…1.4
  • ss…30
  • ISO…800
  • WB…電球
  • body…X-T3
  • lens… XF16mmF1.4 R WR

まとめ

富士フイルム社製カメラには、フィルムシミュレーションモードといって写真の発色などを手軽に変更できるモードが搭載されています。

フィルムシミュレーションモードの1つであるVelviaを使うことで、とても美しい写真を手軽に撮影することが可能です。
以下記事では、Velviaで撮影した作例を紹介しています。併せて一読いただければ幸いです。

フィルムシミュレーション・Velviaとは 富士フイルムから発売されているミラーレスカメラ・Xシリーズには、フィルムシミュレーション...




今回の記事は以上となります。
いずれの写真においてもISO感度を低く抑えたおかげでレタッチ耐性が上がり、思い通りに現像をすることができました。
星空撮影にオススメできるXF16mmF1.4と富士フィルムのカメラは、星空撮影にオススメできるシステムです。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!