Translate

登山にXF16-80mmF4 R OIS WRをオススメしたい5つの理由

XF16-80mmF4 R OIS WRのbadポイントの紹介

ここからは、XF16-80mmF4 R OIS WRのbadポイント(よくないところ)を紹介していきます。

解放F値が4しかないため、暗所には不向き

badポイント1つ目は、解放F値が4しかなく、暗所での動体撮影には不向きな点です。

(ただし、6段分の手振れ補正のため、静止物であれば十分撮影可能です。)

このレンズは、基本的には昼間~薄暮時用と割り切りましょう。
星空を撮影したい場合は、交換レンズとしてXF16mmF1.4 R WRなどの明るい単焦点広角レンズを使用するか、XF18-55mmF2.8-4 R LM OISやXF16-55mmF2.8 R LM WRを選びましょう。

筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンXF16mmF1.4 R WR」(以下、XF16mmF1.4 R WR)を...

レンズの全長が変化する仕様

badポイント2つ目は、ズーム時にレンズ全長が伸びてしまう点です。

カメラをプロキャプチャーなどでザックに着けていた場合、重力でレンズが伸びてきてしまいます。この状態でレンズを周囲にぶつけると、破損のリスクが高くなります。

とはいっても、今回比較している4種類のレンズはすべてズーム時に全長が伸びてしまう仕様のため、これは仕方がありません。

この点については、トップローダーズームなどのカメラ収納バッグを使うことで回避できます。
プロキャプチャープロやトップローダーズームなどを使った登山中のカメラ携行方法については、以下記事をご参照ください。

山登りにおいて、一眼レフやミラーレスカメラを使うと美しい景色を写真に残すことができます。一方で、一眼レフやミラーレスカメラはサイズが大きく...

テレ端の焦点距離が122mmまでしかないため、動物の撮影には不向き

badポイント3つ目は、テレ端の換算焦点距離が122mmしかないため、動物の撮影には不向きとなる点です。

動物を撮影したい場合には、望遠レンズを付けたサブ機を用意するか、XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRを使用しましょう。

筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」(以...
残雪期の鹿島槍ヶ岳にて、冬毛の雷鳥カップルを撮影。
焦点距離は換算203mm
XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRにて撮影。



今回の記事は以上になります。
XF16-80mmF4 R OIS WR、とてもいいレンズです。
機会があればぜひ山で試し撮りをしてみたいものです。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!