Translate

【レビュー】XF10-24mmF4 R OISを登山にオススメする5つの理由

筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンレンズXF10-24mmF4 R OIS」(以下、XF10-24mm)を登山で愛用しています。
おそらく最近1年間の中で、最も使用頻度が高いレンズがXF10-24mmになるかと思います。

今回の記事では、様々なレンズがラインナップされている中で、筆者がXF10-24mmにこだわる理由を5つご紹介します。

オススメしたい点

超広角、広角、標準域をカバーし、様々な撮影に対応可能

1つ目のオススメポイントは、XF10-24mmが広い焦点域をカバーしている点です。

一般的に超広角ズームレンズは、超広角~広角域までしかカバーしていないものが多いです。
この場合、風景を撮る用途にはレンズが大活躍しますが、モノや人を撮る用途(ポートレート)や、特定の山をアップで撮る用途には使いづらいです。
ところが、このXF10-24mmは超広角ズームレンズにしては珍しく、超広角、広角、標準域をカバーします。
(焦点距離でいうと、換算15~36mmです)
よって、このレンズ1本で様々な撮影に対応することができます。


以下の写真は、3月の鳳凰三山から、南アルプス北部を代表する5峰を1枚の写真に収めたものです。
この5峰は離れた位置にありますが、換算焦点距離15mmの超広角レンズを使うことで、1枚の写真に収めることができました。

3月の鳳凰三山から、南アルプスの仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳を撮影。
焦点距離は超広角域の10mm(換算15mm)


一方、上記と同じ場所から、焦点距離を換算36mmの標準域に変更して、北岳と仙丈ケ岳の2峰のみをアップで切り取った写真が以下になります。

このように、XF10-24mmは様々な撮影に対応することができます。

上記写真と同じタイミングで、北岳と仙丈ケ岳のみをアップで撮影。
焦点距離は標準域の24mm(換算36mm)

尚、焦点距離と得意とする被写体との関係については、以下記事をご参照ください。

山に登ると景色がすばらしいです。この景色を記憶だけでなく、記録(写真)に残したい!と考える方も多いかと思います。 そこで大事になって...

超広角レンズには珍しく、保護フィルター装着可能

2つ目のオススメポイントは、XF10-24mmにはレンズを傷や汚れから守る保護フィルターを装着可能な点です。

登山中には、レンズの前玉をぶつけたり、レンズに付いた埃を除去しようとしてレンズに傷をつけることがあります。
これらを防ぐため、レンズ前面に保護フィルターを付けることが一般的です。

ところが、超広角レンズには、前玉が前面に飛び出しており保護フィルターを付けられないものが多いです。

一方、XF10-24mmの場合は超広角レンズにしては珍しく前玉がレンズ内に収まっており、保護フィルターを付けることが可能です。

撮影中にレンズの傷の心配をしなくていい方がストレスが無くなり、撮影に集中することができます。

XF10-24mmにハクバ社のフィルターを付けた図

画質の評判が良い

3つ目のオススメポイントは、XF10-24mmの画質の評判が良い点です。

一般的に高倍率ズームの場合、他の低倍率ズームと比べて画質が悪くなることが多いです。
しかし、XF10-24mmF4の場合は上記例に当てはまることはなく、とても画質の評判が良いです。

約400gの軽量レンズ

4つ目のオススメポイントは、XF10-24mmの重量は約400gと比較的軽量なことです。

500mLペットボトルよりも軽いです。
山行においては軽いほど体力に余裕ができ、遠くまで短い時間で歩けたり、景色を楽しむ余裕が生まれます。

登山において軽いは正義です。

手振れ補正機能が付いている

5つ目のオススメポイントは、XF10-24mmには手振れ補正が付いていることです。

富士フイルムのカメラ本体には、1機種を除いてボディ内手振れ補正が付いていません。よって、手振れ補正機能を求める場合、レンズ側に手振れ補正機能が付いている必要があります。
XF10-24mmには3段分の手振れ補正がついており、この点は心配いりません。

尚、レンズによっては5段の手振れ補正が付いている場合もあり、3段では心もとない、と思われる方もいるかもしれませんが、心配いりません。

広角域では手振れの影響を受けにくいため、3段もあれば十分です。

ここがダメな点

ここまではXF10-24mmの良い点を紹介しましたが、以下に良くない点を述べていきます。

防塵防滴仕様ではない

1つ目のBADポイントは、レンズが防塵防滴仕様になっていない点です。

富士フイルム社製カメラ本体には、X-T3をはじめ防塵防滴仕様のものも多いです。埃の多い山や、氷点下の環境でも安心して使えます。
ところが、XF10-24mmは防塵防滴仕様にはなっていません。

ですが、この1年間筆者がXF10-24mmを山で使った実績としては、HAKUBA社製のカメラケース、トップローダーズームにカメラを収納しておけばレンズ内に埃が入ったことはありませんし、1月の-15℃の環境下でも絞りリングは問題なく回り、問題なく動作してくれました。

1月の天狗岳(八ヶ岳)にて、XF10-24mmを用いて撮影。
レンズとカメラ本体をトップローダーズームに入れて持ち運び、雪が付かないようにした。
気温は-15℃を下回ったが、問題なく動作した。

F=4.0であり、やや暗い

2つ目のBADポイントは、レンズの解放F値が4.0と暗いことです。

レンズの解放Fが小さいほど暗所での撮影に有利になります。
F=4.0というのは、暗所で手持ち撮影をするには暗いです。
よって、XF10-24mmは昼間に使う用途のレンズと考えた方が良いでしょう。
(朝や夕方であれば、問題なく使用可能です)

ただし、富士フイルムのカメラは高感度に強いため、シャッタースピードを下げて尚且つISO感度を上げれば、暗いところでも使えないことはありません。
(ただし静止している被写体に限ります。動いている被写体では被写体ブレが発生します。)

三脚があれば、(一応)XF10-24mmでも星空撮影が可能です。
ただし、あまりお勧めはしません。明るいレンズを使った方が良いです。

スライドショー

以下に、筆者がXF10-24mmで撮影した写真を紹介します。
(↓下の写真をクリックしてスライドショー開始。左右の矢印でページめくり。escキーで元の記事に戻る)

まとめ

富士フイルム社製カメラには、フィルムシミュレーションモードといって写真の発色などを手軽に変更できるモードが搭載されています。

フィルムシミュレーションモードの1つであるVelviaを使うことで、とても美しい写真を手軽に撮影することが可能です。
以下記事では、Velviaで撮影した作例を紹介しています。併せて一読いただければ幸いです。

フィルムシミュレーション・Velviaとは 富士フイルムから発売されているミラーレスカメラ・Xシリーズには、フィルムシミュレーション...



今回の記事は以上になります。
皆さんのレンズ購入の際の参考となれば幸いです。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!