Translate

【安い・高機能・高景観】登山用サングラスの選び方/SWANSの登山用サングラス3選

SWANSのおすすめサングラスの紹介

OAKLEY社がサングラスメーカーとして有名です。
しかしその分OAKLEY社のサングラスは値も張ります。

今回は、筆者も愛用しているSWANS社のサングラスを3種類ご紹介します。
SWANS社のサングラスはラインナップが多く、メーカーのHPにもどのようにサングラスを選んだらいいかが掲載されていませんが、うまく選ぶとコスパの高いサングラスを手に入れることができます。

ライオンシン LION SIN

1種類目はLION SINです。
色は0151 マットガンメタリック×ネイビー/偏光スモークレンズがオススメです。
レンズ色はスモーク(=淡いグレー)、可視光線透過率29%、偏光度97%、紫外線カット率99.9%です。
フレームの作りもしっかりとしており、強度も申し分ありません。
筆者もこのサングラスを愛用しています。

このサングラスを使うときは、ノーズの幅を調整しましょう。
初期位置だとレンズが目に接触してしまい、レンズがすぐに汚れてしまいます。

エアレス・リーフフィット Airlss Leaffit

2種類目はエアレス・リーフフィットです。

色はマットガンメタリック×ダークガンメタリック/偏光スモークレンズがオススメです。
レンズ色はスモーク(=淡いグレー)、可視光線透過率27%、偏光度97%、紫外線カット率99.9%です。
着けていることを忘れてしまうような軽量モデルです。
ただし、LION SINと比べると廉価版の位置付けとなります。

エアレス・ビーンズ Airless Beans

3種類目はエアレス・ビーンズです。

色はブラック/偏光スモークがオススメです。
レンズ色はスモーク(=淡いグレー)、可視光線透過率27%、偏光度97%、紫外線カット率99.9%です。

大きめのレンズで、目の端までしっかりとカバーしてくれます。
フレームレスのためデザイン性が高いです。
ただし、LION SINと比べると廉価版の位置付けとなります。



以上、SWANSのオススメサングラス3選、如何でしたでしょうか。
裸眼で登山を続けていると、いまは影響がなくても将来的に目の健康を害する可能性が大です。
なるべく早くサングラスを購入されることをオススメします。

また、サングラスには日焼け防止効果もあります。
サングラスだけではなく、その他の日焼け対策も併せて実施すると効果的です。
これについては下記記事をご覧ください。

登山では、他のスポーツよりもはるかに日焼けしやすいです。適切な対策を取らないと、急速に肌が劣化していきます。 筆者も、登山を始めたば...

error: Content is protected !!