Translate

【安い・高機能・高景観】登山用サングラスの選び方/SWANSの登山用サングラス3選

スポンサーリンク

日差しの強くなる高山や、地面からの反射光がある雪山ではサングラスが必須です。
「肌だけでなく目から日焼けする」という言葉もあります。
最悪、涙が止まらなり目が開けられなくなる雪目という症状にもなります。
山中で雪目になった場合、その時点で遭難したことになります。

筆者自身、昔はサングラスを付けないで登山をしていました。
サングラスを付けないでも特に問題を感じていなかったからです。
しかし、これはドライアイや将来的な白内障の原因となります。

将来目の健康を守るためにも、もっと早い段階からサングラスを付けていればよかったと後悔しています。

とはいっても、サングラス選びには以下のような不安があると思います。

  • 景色の見え方が変わってしまい感動が薄れるのではないか
  • 数多くのサングラスが売られていて、どれを買ったらいいかわからない
  • サングラスは値段が高そう

そこで、今回の記事の前半では景色の見え方が変わることなく目を保護できるサングラスの選び方を、
後半では、具体的にコスパの高い筆者オススメのサングラスを紹介します。

サングラスの選び方

サングラスには、色、可視光線透過率、偏光機能の有無、などなど様々な要素があります…。
以下に1つずつ、これらの要素の果たす役割と登山における選び方を紹介していきます。

サングラスにはさまざまな色があります。
イエロー、グリーン、透明、グレー、スモーク、ブルー、などなど…
どれを選んだらいいか迷いますよね。
ずばり、登山にはスモーク(=グレー)が良いです。
グレーはすべての波長の光を均一に減光します。よって、グレーのレンズ越しに見た景色は、肉眼で見たものと同じ色になり、自然な色見の景色を楽しむことができます。

可視光線透過率

低いものだと10%から、高いものだと90%まであります。
登山用には、だいたい透過率30%前後のレンズが良いです。
この透過率のサングラスは、晴天~曇天までカバーしてくれます。

偏光

偏光レンズが良いです。
偏光レンズは、岩、水、雪などからの反射光を低減し、まぶしさを抑えてくれます。また、足元を視認しやすくなるため安全面でもメリットがあります。

紫外線(UV)カット機能

紫外線カット機能付きが良いです。
価格が1,000円以下のサングラスには、この紫外線カット機能が付いていないことが多く、逆効果です。
視界が暗くなるために瞳孔が開き、多くの紫外線を目に取り入れてしまいます。

補足・調光レンズ

紫外線の強さによってレンズの濃さが変わる調光レンズというものがあります。
しかし、登山では調光レンズはあまりお勧めしません。
理由は、調光レンズの濃さは温度の影響を受け、寒いところではレンズの色が濃くなってしまう為です。
山においては、春先や秋の夜間、早朝であれば気温が氷点下まで冷え込むことがあります。1~3月の標高2,000m以上では、気温は常に氷点下です。

次ページでは、コスパの高いSWANSのサングラスを3つ紹介します。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!