Translate

【残雪期・雪山登山】日光白根山~冠雪した日光連山の大絶景~

スポンサーリンク

2017年3月11日に、群馬側から日光白根山に日帰り雪山登山にいってきました!

日光白根山の紹介

日光白根山は、群馬県と栃木県にまたがる標高2,578mの山です。
関東地方の最高峰としても知られています。

この時期は、群馬県の丸沼高原と、栃木県の日光湯元から登ることができます。

今回の記事では、群馬側からロープウェーを使い、日光白根山に登るルートを紹介します。
コースタイムが比較的短く、難易度も低いため人気のルートです。
ただし、12本アイゼンをはじめとした厳冬期用の雪山装備が必須となります。

本ルートの詳細

本ルートの詳細を以下に記します。

ロープウェイ山頂駅→日光白根山→ロープウェイ山頂駅
(コースタイム6時間)

本ルートについては、山と渓谷社の「厳選 雪山登山ルート集」や、同「雪山登山」に詳細が記されています。
雪山では雪崩防止のため、通行できるルートが限られています。
必ずルートを下調べしてから通行するようにしましょう。

尚、昭文社の「山と高原地図 日光白根山・男体山」が対応する地図になります。
(ただし、冬山には非対応のため注意が必要です。)

森林限界まで

丸沼高原スキー場の駐車場にて前日車中泊し、8時半営業開始の日光白根山ロープウェイに乗って登山口を目指します。

  • 駐車場まではスタッドレスタイヤを付けた車が必須です。(2WDで十分)
  • 駐車料金は1,000円ですが、朝6時までに駐車場に入れば無料です。
  • 車中泊できるのは第一駐車場のみです。
  • 日光白根山ロープウェイは、下山時も利用可能です。(往復料金1,000円)
  • ロープウェイチケット購入時に、登山届の提出が必須となりました。(事前に提出したものを印刷して提出するのも可)


ロープウェイ山頂駅に到着しました。
目の前に目指す日光白根山が見えます。


ロープウェイ山頂駅から歩くこと3分。二荒山神社の鳥居に到着しました。
ここから登山開始です。
前日に降雪があったため、ノートレースになっています。
道がとてもわかりにくいため、GPS必須です。


クリスマスツリーと化した樹林帯の中を進んでいきます。


道中は雪深く、平坦な道ではワカンを付け、坂道ではアイゼンを付けて登っていきます。
両方付けてもよかったかもしれません。あるいは登坂能力の高い爪付きスノーシューがあれば、それでもよいでしょう。


ラッセルしながらトラバースしていきます。
腰まである雪のため、スピードが上がりません。


ラッセル×急登の図。


開けた箇所に出てきました。


日光白根山山頂へ

樹林帯を抜けました!


太陽に向かって、登っていきます。


これを登り切れば…


広大な大地に出ました。


山頂直下を視界に捉えました。


登り切った!


山頂からの展望

日光白根山山頂(標高2,.578m)に到着しました。
関東地方の最高峰です。


山頂からは日光連山をよく見渡すことができます。
中央の大きな山が男体山。左の尖った山は女峰山。
男体山の右側の湖は中禅寺湖です。


男体山と登山者。


…を、後から見守る人。


登山者がたくさんです。
冬の日光白根山は、群馬側からであれば雪山初心者の人でも登りやすいです。
(当然、12本アイゼンをはじめとした雪山道具は必須。ただし、ピッケルは持ってきたが今回のルートでは使う場面はありませんでした。)


時刻は12時半。
雲が掛かってきました。


来た道を引き返していきます。


ロープウェイ山頂駅に帰還しました。
ロープウェイに乗って下山してもよいのですが、我々は持参したスノボーで下っていきます。(山頂駅に鍵付きでスノボーをデポしていました)
日光白根山ありがとう。


おまけ。
下山後にはお好み焼きをいただきました。


スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!