Translate

登山中のスマホ落下・破損防止方法3選

登山にスマホは必須です。

いざというときの救助要請、一泊登山の場合には翌日の天気の確認、スマホアプリを使って地図替わりに使う、などなど…

しかし、山ではスマホを落下させて紛失したり、破損してしまうことがあります。

スマホの修理代は、紛失サービスに入っていたとしても数千~数万円掛かります。
スマホアプリを地図替わりにしている場合には、スマホを無くした瞬間に遭難するリスクがあります。

そこで、今回は登山中のスマホ落下や破損防止におすすめしたい方法を3つご紹介します。

ZEROSHOCK

1つ目は、エレコムから発売されているスマホケース、ZEROSHOCKです。

ZEROSHOCKには、落下時に最も衝撃を受けやすい四隅にダンパーが設置されています。
四隅以外の部分についても、ソフト部材が使われており、全体として衝撃を吸収しやすい構造になっています。
筆者は駅の長い階段からZEROSHOCKを付けたスマホを落としてしまったことがありますが、びくともしませんでした。

また、ZEROSHOCKにはストラップを付けられる構造になっています。
後述のカラビナ付きストラップを付けるのに最適です。

尚、スマホによって大きさや形が違うので、必ず対応するZEROSHOCKを購入するようにしましょう。

ZEROSHOCK本体。
四隅にダンパーが設置されており、落下の衝撃を吸収してくれる。

カラビナ付きストラップ

2つ目は、カラビナ付きストラップです。

いくらZEROSHOCKに守られていても、遥か彼方にスマホが落下していったらなす術もありません。
筆者は以前、人気のない雪山で、下山中に胸ポケットに入れておいたスマホを崖下に落下させてしまったことがあります。
その際はスマホを地図替わりとして使っており、道も分岐が多数あったためとても怖い思いをしました。
そしてスマホに保存していた元カノたちの写真もすべて失ってしまいました。

ZEROSHOCKに守られているので、データだけは無事なことでしょう…。

そこで、カラビナ付きストラップをオススメします。
使い方は簡単。ストラップ部分をZEROSHOCKに結び付け、カラビナをパンツの穴に付けるだけです。

ZEROSHOCKにカラビナ付きストラップを取り付けた図。
ZEROSHOCKにはストラップを取り付け可能なホールが、ケースの下中央に空いている。
応用編。
ストラップはZEROSHOCK四隅のダンパーに付けてもよい。
ストラップ専用ホールは大きさが小さくストラップを付けにくいため、こちらの方が付けやすい。

画面保護フィルター

3つ目は、保護フィルターです。

ZEROSHOCKを付けていても、ピンポイントで画面に衝撃が加わってしまうと、画面が割れるリスクがあります。

そこで、画面に保護フィルターを付けることをおすすめします。
可能であれば、衝撃に強いタイプの保護フィルターが良いです。

尚、スマホによって画面の大きさや形が違うので、必ず対応するZEROSHOCKを購入するようにしましょう。



今回の記事は以上になります。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!