Translate

【安くて高機能】コスパの高い登山用レインウェアの紹介

スポンサーリンク

山で雨に濡れるリスク

山で雨に濡れると、体温がどんどん奪われていきます。
濡れた体に風が吹き付け、最終的には低体温症になります。
晴れ予報のときでも雨が降ることもあるため、登山中はレインウェアを常に携行する必要があります。

安いレインウェアは山では使えない

1000円未満で買える安いレインウェアは、レインウェアを付けていないのとあまり変わりがありません。
理由は、登山中にかいた汗がレインウェアの外に逃げていかず、自身の汗で濡れてしまうからです。
そこで、山では汗を逃がす透湿性を備えた高機能レインウェアを持っていく必要があります。

第一選択肢はゴアテックス

レインウェアには、ゴアテックス製のものを選んでおけば間違いないです。
汗を逃がしてくれる透湿性と、防水性の両立において、ゴアテックスの右に出る素材はありません。
ただし、このゴアテックスには唯一にして最大の欠点があります。
それは、値段が高いことです。
ジャケットで3万円、パンツで2万円くらい掛かります。

第二選択肢はゴアテックス(のような)素材

そこで、各社が(ゴアテックスほどではないにしても)汗を逃がしてくれて、水を通さない、比較的安価な独自素材のレインウェアを開発・発売しています。
その中でも、ブログ主がオススメしたいのは以下の2商品です。

Columbia(コロンビア)

1つ目はコロンビア社のシンプソンサンクチュアリレインスーツです。
コロンビア社は独自素材オムニテックを使用した製品を販売しており、ゴアテックスに次ぐ透湿性・防水性を誇ります。筆者もこのレインウェアの1つ前のモデルを愛用しています。デザイン性にも優れており、おすすめできます。

コロンビア製の服は大きめに作られており、自身のサイズよりも1つ下のサイズを購入することをオススメします。
筆者も慎重178cmで普段はLサイズを着用していますが、コロンビアのレインウェアに関してはMサイズを着用しています。
Amazonプライム会員であれば返品送料・手数料が掛からないため、Amazonで購入するのが良いでしょう。

Mizuno(ミズノ)

2つ目はミズノ社のベルグテックEXストームセイバーVレインスーツです。
ミズノ社は独自素材ベルグテックを使用した製品を販売しており、ゴアテックスに次ぐ透湿性・防水性を誇ります。
こちらは筆者の知人が使用しており、快適に使えるとのことです。

レンタルも可能

富士山登山など、1回しか登らないのにそんな高い装備を買えないよ!という方にはレンタルもあります。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!