Translate

写真上達のためにするべきたった3つのコト

筆者は年間20回以上山に登ります。
始めは山に登ること自体が目的だったのですが、いつしか写真撮影が主な目的となってきました。
始めはあまりいい写真を撮ることができなかったのですが、自分なりに工夫し続けた結果、お世辞にも人から写真を褒められたり、instagramで公式アカウントから写真をリポストしていただく機会も出てきました。

今回は、筆者が実践している写真上達方法について記事にまとめました。

こんな人にオススメの記事です!

  • スマホ、コンデジ、一眼カメラを問わず、写真を上達したい人

ステップ1.テクニックを勉強しよう

まずは、写真撮影のテクニックを勉強しましょう。

テクニックを学ぶべき理由は、漠然と写真を撮っているだけでは、いい写真を撮れることは稀だからです。
仮にいい写真を撮ることができてもそれは偶然であり、それを続けることは難しいでしょう。

テクニックを学ぶことは、勉強で例えるなら数学の公式暗記や英語単語の暗記です。
スポーツで例えるならばテニスの素振り、野球の守備練習です。
基本の型が出来てこそ、テストや試合でいい成果を発揮することができます。

話が逸れました。
写真撮影におけるテクニックとは、「構図」「絞り」「シャッタースピード」「ホワイトバランス」等です。
これらのうち、最低限、構図については学んでおく必要があります。

構図については様々なものがありますが、最も使いやすいのは3分割法です。
簡単にいうと、3分割法とは写真を4つの線で9分割し、直線の交点上に被写体を、直線上に境界を配置しようというものです。
コンデジ、スマホ、一眼レフ等の機種を問わず簡単に使えるテクニックですが、これだけで写真が見違えるようになります。

3分割法については以下記事にまとめましたので、ご覧いただければ幸いです。

三分割法とは 漠然と写真を撮ると、ついつい被写体を写真の中央に配置しがちです。しかし、この配置ではあまりいい写真になることはありませ...

構図の他にも、「絞り(F値)」「シャッタースピード」「ホワイトバランス」にもノウハウが存在します。可能であればこれらの果たす役割とシーン別のオススメ設定についても学んでおくと尚良いです。
これらについては以下書籍に非常によくまとまっていますので、購入を検討されてもよいかと思います。

また、絞りやホワイトバランスについては、以下記事をご覧いただければ幸いです。

前回の焦点距離に関する記事はこちらを参照 山岳撮影において特に大事となってくるカメラの設定値は、焦点距離、F値(絞り)、シャッター速...
ホワイトバランス(WB)は、写真の色を変更できるカメラの機能です。 通常、ホワイトバランス設定はオートになっており、カメラが自動で物...

ステップ2.撮影にいこう

テクニックについて学んだら、実際に撮影にいきましょう。
テクニックを思い出しながら、実施訓練
です。

このとき大事なのは、あらかじめ家でカメラの設定方法(絞り、シャッタースピード、ホワイトバランス)を試しておくことです。
メーカーにも寄りますが、カメラ設定は複雑な場合が多く、現地でカメラ設定を変更しようとしてもうまくいかないことが多々あります。
被写体が自然や動物等の場合、設定変更に難儀しているうちに撮影機会を逃すこともあります。

すばしっこく動く雷鳥を捕らえるため、シャッター速度優先オートモードにて1/640秒にて撮影。
カメラの設定に戸惑っていると、雷鳥は逃げてしまう。

雲の隙間から光が差し込む尾瀬ヶ原を撮影。
全体にピントを合わせるため、絞り優先オートモードにてF11にて撮影。
カメラの設定に戸惑っていると、雲が移動し光が差し込まなくなってしまう。

ステップ3.写真を見返して選別しよう

写真を撮影したら、良かった写真と良くなかった写真に選別しましょう。
写真を選別することで、「この写真は自分の意図した通り、いいふうに撮影できたな」「この写真はもっとこうすればよかったな」「この写真は意外と出来が悪かったな」などを振り返ることができます。
この振り返りの過程を通して、写真の腕が上達していきます。

この写真の選別にはPCを使うことをオススメします。
Windowsの場合、プレビュー表示モードにしてフォルダを開き、写真を見ながら「いるフォルダ」と「いらないフォルダ」に写真を選別していくとやりやすいです。

Windowsを使用した場合の写真選別方法。
①まず、プレビューウィンドウをONにします。
②次に、右側のプレビューを見ながら、写真を1枚ずつ「いるフォルダ」「いらないフォルダ」に入れていきます。

このステップ3を軽視しがちな人が多いです。
よくあるのが、半年前の写真がSDカードに保存しっぱなしというケースです。
この場合、写真の上達を見込めることはまずありません。長期に渡り同じ撮影レベルに留まるのみです。

写真のテクニックを学んだ人であれば、自ら撮った写真をPCで見返したくてうずうずすることでしょう。

まとめ。ステップ1~3を繰り返そう

ステップ3まで終了したら、再度ステップ1に戻り同じことの繰り返しです。
(ステップ2と3を繰り返すのみでも十分です)
このサイクルを回すことにより、徐々に写真の腕が上達してきます。

筆者は一度山にいくと500枚程度の写真を撮影します。
(それはいくらなんでも撮りすぎじゃないか、という指摘もありますが…)
500枚の写真に対して、必ずこの作業を繰り返すようにしています。

ステップ1~3を勉強(数学)で例えると、以下に該当します。

  • ステップ1…公式の勉強
  • ステップ2…中間、期末テスト
  • ステップ3…テストの答え合わせ

いやいや、自分理系じゃないし、文系だし!という方には、英語で例えると以下に該当します。

  • ステップ1…英単語や文法の勉強
  • ステップ2…中間、期末テスト
  • ステップ3…テストの答え合わせ

いやいや、自分体育会系だし!という方には、野球で例えると以下に該当します。

  • ステップ1…素振り、守備練習、走塁練習
  • ステップ2…試合
  • ステップ3…試合の振り返り(ミスや、良かったところ)

どうでしょうか。
勉強でもスポーツでも、何かにまじめに取り組んだ経験のある方ほど、写真上達も早いのではないかと思います。

今回の記事は以上になります。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!