Translate

【レビュー】熱成型インソール・モントレイル エンデュロソールのススメ

スポンサーリンク

登山中の足裏疲労軽減には、コロンビア社から発売されている熱成型インソール・モントレイル エンデュロソールをオススメします。

モントレイルはクッション性抜群で、しかもクッションの形が個人の足の形に合わせて変形するため、足裏にかかる負担がかなり軽減されます。

標準ソールの問題点

登山靴付属のインソールは、以下のように薄いものが大半です。
厚手のソックスを履くだけではクッション性が足りず、テント泊などの重装備の場合や長期縦走の場合には足裏が痛くなり、スピードが激減します。

付属ソールの側面図。
結構ペラペラです。

モントレイル エンデュロソールの使い分け

モントレイル エンデュロソールには2種類あります。
標準的な足の形の方には黒色の「エンデュロソール」が、偏平足の人には黄色の「エンデュロソールLP」が合いやすいです。

モントレイル エンデュロソールの紹介と成型方法

モントレイル エンデュロソールの厚みを見てみましょう。
以下のように、エンデュロソールはとても厚くなっています。
厚い部分は黄色のクッションとなっています。

ソールの側面図。
上がモントレイル エンデュロソール。下が標準ソール。
モントレイルの黄色い部分はクッションになっている。

また、踵部分にも厚みのある青いクッションが入っています。

モントレイル エンデュロソールの裏面図。
踵があたる部分には厚みのある青色のクッションが入っている。

この黄色いクッションは、個人の足の形に合わせて永久変形します。
クッションを変形させるためには、「ソールをオーブンなどで加熱し、熱くなったソールを靴の中に入れ、その上から足を入れて体重を掛ける」必要があるのですが、これはなかなか難しいです。
筆者はソールを加熱しすぎて縮ませてしまい、1つダメにしてしまいました。
加熱せずとも、数回山に履いていくだけで、ソールは自然に足の形に永久変形します。
個人的にはこちらの方法をオススメします。

数回山で履きこなしたモントレイル エンデュロソールの先端部分の写真。
加熱処理はしていない。
筆者の足の形は、「親指の付け根」や「親指」が下側に出っ張った形をしている。
ソールのこれらの部分がちゃんと変形していることがわかる。

エンデュロソールの効果

筆者が標準ソールを使った場合、コースタイム6時間を超えてくると足裏が痛くなってきて、スピードが3分の1程度まで落ちていました。
コースタイムのそこそこ長い甲斐駒ヶ岳や、谷川主脈の終盤は地獄でした。

2017/6/24に、日帰りで谷川主脈を縦走してきました! 谷川主脈の紹介 谷川主脈は、群馬県の谷川岳から、新潟県の仙ノ倉山を...
海の日の連休を利用し、2017年7月15-16日の日程で、南アルプスの甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳に一泊二日のテント泊登山にいってきました! ...

ところがモントレイル エンデュロソールを履いたところ、テント泊装備を背負って片道8時間かかる大天井岳に登っても、まったく足裏が痛くなることはありませんでした。
エンデュロソール、恐るべしです。

2018/6/30-7/1の日程で、表銀座を通り北アルプスの大天井岳と燕岳に登ってきました! 表銀座の紹介 表銀座とは、北アル...

注意点1

登山前に必ず足の爪を切るようにしましょう。
モントレイル エンデュロソールは厚みがあるため、足の爪と登山靴とが接触しやすくなります。
爪が伸びたまま登山をした場合、親指の爪が登山靴と強く接触し、剥がれます。
(筆者は経験済み。しかも2回。学習能力無しですね…)

尚、爪を切ってもそれでも爪と靴が当たってしまう!という場合には、登山靴の紐を強く締めすぎていることが考えられます。
少し紐を緩めてみましょう。

注意点2

登山用の厚手のソックスを履くようにしましょう。
厚手ソックスと、モントレイル エンデュロソールが組み合わさることで、絶大なクッション効果を発揮します。



今回の記事は以上になります。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!