Translate

(2019/11/23更新)好日山荘お買い得商品の紹介

好日山荘WebShopでは、定期的にお買い得商品が売られています。
2019/11/23に筆者が独断と偏見で選んだお買い得商品を紹介します。

尚、お買い得商品は在庫数が少ないため、すぐに在庫切れになってしまいます。
必要なものがあれば、早めに購入することをおすすめします。

アウターウェアー系

berghausのウイメンズ ペレジャケットと、ウィメンズ ウルヴェタンナ ハイブリッド ダウンジャケットです。
春や秋には、休憩中にはとても体が冷えます。
このジャケットがあると重宝するでしょう。
尚、厳冬期には向きません。

(価格)
¥24,200 ¥8,470


(価格)
¥39,600 ¥10,780




berghausのウィメンズ エクストレム マイクロダウンジャケットです。
700フィルパワーの暖かさがあるため、厳冬期の雪山でも使用可能です。
厳冬期雪山登山をする場合には、休憩中の防寒対策としてこのクラスのジャケットが必須となります。

(価格)
¥35,200 ¥17,600



MAMMUT(マムート)のXeron IN Jacket Menです。
750フィルパワーの暖かさがあるため、厳冬期の雪山でも使用可能です。
厳冬期雪山登山をする場合には、休憩中の防寒対策としてこのクラスのジャケットが必須となります。

(価格)
¥35,200 ¥22,814




MAMMUT(マムート)のAEROSPEED Jacket Menです。
独自の防水透湿素材を使用したレインウェアです。
マムートはデザイン性や機能性が高く人気のブランドです。
この価格で買えるのことは滅多にないでしょう。

(価格)
¥29,700 ¥20,790




MAMMUT(マムート)のAyako Pro HS Hooded Jacket Womenです。
これはいわゆるハードシェルジャケットと呼ばれるもので、雪山の稜線上において強風から身を守るための行動着です。筆者の主観ですが、ハードシェルジャケットを着ていると風速10m/sec程度でもあまり風を感じることがありません。
また、表面がザラザラしているため、滑落したときにブレーキが掛かりやすく、初期制動しやすいです。
素材はもちろんゴアテックスです。
ハードシェルの価格は¥50,000を超えることも多く、この価格で購入できるのは驚きです。

(価格)
¥47,300 ¥30,657

インナーウェア、ミッドウェア系

Marmot(マーモット)のソフトインナーグローブです。
秋、春、冬の登山では指先が冷えるため、インナーグローブが必須となります。
特に厳冬期登山においては、指先を冷やしたまま登山を続けると凍傷となり、最悪の場合指を失うこともありえます。
(筆者は12月にインナーグローブに穴が空いたまま登山を続けた結果、軽度の凍傷になった経験有)

インナーグローブには穴が空きやすいため、常に予備を携行するようにしましょう。

(価格)
¥2,970¥1,781



Mountain Equipment(マウンテンイクィップメント)のグリットストーン ショート ツートーンドです。
夏山登山で使いやすいハーフパンツです。
このようにツートンカラーとなっているものは珍しく、とてもおしゃれですね。

(価格)
¥9,350¥5,610

ギア―系

PETZL(ペツル)のサミテック U15というピッケルです。
森林限界より上の雪山に登る際には、アイゼンに加えてピッケルが必須となります。
ピッケルの形状には何種類かありますが、サミテックU15のようにシャフト(画像上の長い筒の部分)がカーブしたものはピック(画像右上の突き出た部分)を雪面に刺しやすく、初期制動がしやすいためオススメです。

(価格)
¥25,850¥20,680

小物系

OAKLEY(オークリー)のRPM SQUAREDサングラスです。
サングラスメーカーには何社かありますが、その中でもオークリーは最高級ブランドです。
RPM SQUAREDでは偏光レンズが採用されているため、地面からの反射光がカットされて視界が良好となります。
色がグレー系のため自然な見た目となり、そのままの景色を楽しむことができるでしょう。

(価格)
¥29,700¥17,820

靴系

SALTIC(サルティック)のエニグマノップというクライミングシューズです。
岩登りをする際には、このように指先の細くなったシューズが必須となります。

(価格)
¥14,300¥10,780

調理器具系

EPI(イーピーアイ)のATSチタンクッカータイプ2-Sです。
クッカーの素材には様々なものがありますが、この中でもチタンは軽さと頑丈さを両立した最高級素材です。
手で持ち上げてみても、持っていることを忘れる軽さです。
クッカーを手で思い切り潰してみても、びくともしません。
(アルミ製のクッカーの場合、ザックの中で変形することが稀にあります)

(価格)
¥5,610¥4,180

寝具系

finetrack(ファイントラック)のポリゴンシールド1×1という防水透湿シュラフカバーです。
シュラフは水で濡れてしまうと保温性が無くなってしまうため、防水透湿性のシュラフカバーをかけることをオススメします。
万が一シュラフを水で濡らしてしまった場合、時期によっては寒さで眠れなくなるでしょう。特に厳冬期雪山テント泊の場合、文字通り致命傷となります。
また、ポリゴンシールドにはシュラフの保温性を高める効果もあります。

(価格)
¥33,000¥26,400




MIZUNO(ミズノ)のハイドロインナーシュラフです。
ハイドロインナーシュラフは、山小屋に泊まる際に布団と体の間に敷くという、変わったシュラフになります。
山小屋では、布団が干されずに使いまわされている場合があり、布団が他人の汗で湿っていることがあります。
ハイドロインナーシュラフには、悪臭の原因となるたんぱく質を分解する機能があるとのことです。
このような場合にハイドロインナーシュラフを使うことで、快適に眠れるようになるでしょう。

(価格)

¥8,800 ¥7,480



今回の記事は以上になります。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!