Translate

【山岳写真】フィルムシミュレーション・Velviaの作例紹介

フィルムシミュレーション・Velviaとは

富士フイルムから発売されているミラーレスカメラ・Xシリーズには、フィルムシミュレーション機能が搭載されています。
フィルムシミュレーションとは、写真の発色、コントラスト(明暗差)、階調(色の濃淡変化)を手軽に変更することができる機能です。
フィルムシミュレーションのモードの1つであるVelviaは、アナログフィルムとして発売されているVelviaフィルムを模したもので、鮮やかな発色とメリハリのある階調が特徴です。

(尚、写真をRAWデータで保存しておけば、後から各種フィルムシミュレーションモードで現像することが可能です)

山岳写真においては、Velviaで撮影することで写真が美しくなることが多いと考えています。

今回の記事では、シーン別にVelviaモードとPROVIA(標準)モードで撮影した写真を比較することで、Velviaモードのメリットを解説します。
尚、これらの比較には筆者自身が撮影した写真を用いています。
全ての写真はJPEG撮って出し(カメラ内現像)であり、lightroomなどのRAW現像ソフトは用いていません。

[写真]
図 各フィルムシミュレーションの比較

Velviaで撮影した作例の比較紹介(前半)

フィルムシミュレーション・velviaで緑の葉っぱや木々を撮影することで、緑の発色を濃くすることができます。
以下に比較画像を示します。
左がPROVIA(標準)、右がVelviaです。

5月の常念岳登山道にて、新緑を撮影。


8月の白馬岳にて、登山道脇のくぼ地を撮影。
豪雪地帯のため、8月でもいたるところに残雪が見られる。


1月の仙丈ケ岳登山道にて、雪を待つ木々を撮影。
仙丈ケ岳を始めとする南アルプスでは、2月上旬までは標高2,000mを超えるまで積雪が無いことが多い。
南岸低気圧の増える2月以降になると、積雪量が増えてくる。


高山植物

フィルムシミュレーション・velviaで高山植物撮影することで、発色が鮮やかになります。
以下に比較画像を示します。
左がPROVIA(標準)、右がVelviaです。

雨に濡れたクルマユリを撮影。


登山道脇に咲いていたピンクの高山植物。名前は不明。


登山道脇に咲いていた高山植物。イワギキョウだろうか。


4月下旬の越後三山と桜を撮影。
下界はすっかり春の様相だが、山はまだ雪深い。


青空

フィルムシミュレーション・velviaで青空を撮影することで、空の青が濃く深くなります。
以下に比較画像を示します。
左がPROVIA(標準)、右がVelviaです。

2月の厳冬期の天狗岳(八ヶ岳)を撮影。
厳冬期(1~2月)の日本の山は悪天候になることが多いが、八ヶ岳は晴天率が高い。


2月の厳冬期に、前白根山から日光白根山を撮影。
この時期に前白根山を経由し日光白根山へと登頂する登山者は極めて少ない。


2月、厳冬期の乗鞍岳から、北アルプス南部の山々を撮影。


5月上旬、残雪期の鹿島槍ヶ岳登山道から、立山を撮影。
この登山道は4月中旬まで解放されない。

5月上旬、残雪期の鹿島槍ヶ岳登山道から、種池山荘と劔岳を撮影。
種池山荘は営業外だが、さらに先にある冷池山荘はG.W.期間のみ営業している。よって登山者が多い。


5月上旬、残雪期の火打山から、残雪期の山々を撮影。
火打山を始めとする越後は豪雪地帯のため、5月上旬でも積雪量は豊富だった。


朝日・夕日

フィルムシミュレーション・velviaで朝日や夕日を撮影することで、太陽のオレンジが鮮やかになります。
以下に比較画像を示します。
左がPROVIA(標準)、右がVelviaです。

富士山の真横から登る朝日を撮影。
雲海・富士山・朝日という3条件が揃ってくれた。


劔岳に沈む夕日を撮影。
残雪期だったため、手前の雪面に夕日が反射し雪面がオレンジ色に染まった。


焼山に沈む夕日を撮影。ダイヤモンド焼山を撮影できた。


地平線の彼方から登る朝日を撮影。

次ページは、Velvia紹介の後半です。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!