Translate

山岳/風景写真の構図~フレーム効果~

写真を撮るときには、ついつい被写体を中央に写しがちです。
しかし、これでは味気ない写真となってしまうことが多いです。
そこで、フレーム(額縁)となるものを写真の隅に配置して撮影をすると、中央の被写体が協調され良い写真となることが多いです。
これをフレーム効果と呼び、写真の構図テクニックの1つとして知られています。

今回の記事では、筆者の撮影した写真を元にしながら、フレーム効果を使った写真の撮り方や、山中でフレーム(額縁)として使える被写体について解説していきます。

前準備

まずは前準備の解説です。

広角レンズの準備

広角レンズを準備しましょう。
広角レンズを使うことで、被写体とその前にくるフレームとを同時に1つの写真に収めることができます。

※広角レンズとは、換算焦点距離が35mm以下のレンズのことを言います

F8以上に絞ろう

撮影時には、絞りをF8以上に絞り、なおかつピントを被写体に合わせるようにしましょう。
こうすることで、中央の被写体にピントを合わせながらも、ある程度フレームにもピントが合うようになります。

尚、F値を小さくすると前景となるフレームがボケます。
特殊な場合を除いて、フレームにもある程度ピントが合っていた方が良いように思います。

作例紹介

それでは作例紹介に移ります。

以下の写真は、テントの中から北アルプスの山並みを撮影したものです。
テントの入口がフレームの役割を果たし、北アルプスの山並みを引き立てています。

テントの入口はフレームとして使いやすいです。
テント場についたら、ぜひ絶景方向に入口を向けてテントを設営してみてください。
気軽にフレーム効果を使った写真を撮ることができます。




以下の写真は、4月に山麓から冠雪した越後三山を撮影したものになります。
桜の木の枝がフレームの役割を果たし、越後三山を引き立てています。
4月は春と冬が同居する季節です。
北アルプスや上信越などの山深い山域にいったら、ぜひ桜の名所がないか探してみてください。桜と雪山を同時に撮影することができます。




以下の写真は、ロープウェイ山頂駅の窓ガラスに反射した乗鞍岳を撮影したものです。
窓ガラスの枠が、乗鞍岳を引き立てています。
窓ガラスの枠はそのままフレームとして使いやすいです。




以下の写真は、北アルプスの写真と眺める登山者を撮影したものになります。
窓ガラスの枠がフレームの効果を果たし、北アルプスの写真を引き立てています。
もう少しズームで近づいて撮影した場合、窓枠が無くなりイマイチな写真となっていたでしょう。
尚、1つ前の写真と同様に窓ガラスをフレームとして使いましたが、今回は窓ガラスを鏡としてではなく透明なものとして使っています。




以下の写真は、鳥居の隙間から御嶽山を撮影したものになります。
鳥居がフレームの役割を果たし、御嶽山を引き立てています。

鳥居は山中に沢山建てられています。
鳥居はフレームとして使えることがあるので、見つけたら要チェックです。




以下の写真は、樹氷の隙間から浅間山を撮影したものになります。
樹氷がフレームの役割を果たし、浅間山を引き立てています。




今回の記事は如何でしたでしょうか。
尚、これまでの記事で紹介してきた三分割法などとは異なり、フレーム効果は上級者向けのテクニックです。
フレーム効果をはじめとした上級者向けの構図テクニックについては、ナショナルジオグラフィック「プロの撮り方 構図を極める」に詳しい記載があります。
興味があれば読んでみてもよいかと思います。



今回の記事は以上になります。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!