Translate

ED 12-100mm F4.0 IS PROを登山にオススメする5つの理由

先日、オリンパスの高倍率ズーム「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」(以下、ED12-100mm)をレンタルし、登山にいってきました。

ED12-100mmは、1本のレンズで広い焦点距離をカバーする、高倍率ズームレンズです。(便利ズームと呼ばれることもあります)
高倍率ズームレンズは、レンズを頻繁に交換できない登山などで活躍することの多いレンズです。

(高倍率ズームレンズについての詳細は、以下を参照)

レンズによって、吐き出される絵や、得意とする被写体、時間帯が異なります。どのレンズを付けて山にいこうか、あるいはどのレンズを購入すべきか、...

さて、前置きが長くなりましたが、ED12-100mmをレンタルした結果としては、登山中にレンズを交換することなく様々な写真を撮ることができ、しかも画質もとてもよく大満足でした。
(また防湿庫にレンズが1台増えそうな予感がしています。)

今回の記事では、ED12-100mmを登山にオススメする理由を5つ紹介します。

広角側が換算24mmで、景色を広く撮れる

ED12-100mmのオススメポイント1つ目は、広角端の換算焦点距離が24mmとなっている点です。

普通の高倍率ズームは、広角端が27や28mmのことが多いです。
広角側では1mm違うだけでも写真の広さが大きく異なってきます。

以下に、換算焦点距離24mmと、それをトリミングすることで27mmにした写真の比較を示します。左側が24mm, 右側が27mmです。
(尚、本記事中でこの写真だけはED12-100mm以外のレンズで撮影しています)



左側の焦点距離24mmでは手前の稜線を広く撮れている一方で、右側の同27mmでは、手前の稜線が狭くなっていることがわかるかと思います。
このように、広角側では焦点距離が3mm変わるだけで、切り取れる写真の領域が大きく異なってきます。



以下に、ED12-100mmの広角端(換算24mm)で撮影した風景を数例示します。

以下は、塩見岳直下の急登を撮影したものです。
写真左下のトレースを写真に収めることで、「これから写真中央の塩見岳に登る登山者」をイメージできる写真となりました。

厳冬期・塩見岳直下の急登を撮影。
設定:fl 24mm, f8, ss1/500, iso200

以下は、塩見岳手前の天狗岩のトラバース道を撮影したものです。
トレースを写真手前にアップで収めることで、写真に奥行感が出ました。

厳冬期・天狗岩のトラバース道を撮影。
設定:fl 24mm, f8, ss1/1000, iso200

これらの写真は、いずれも換算24mmの焦点距離だからこそ撮影できた写真です。
27, 8mmのレンズでは、こうはいかなかったでしょう。

望遠側が換算200mmで、動物を撮れる

ED12-100mmのテレ端(換算焦点距離200mm)を使えば、野鳥などの動物をそれなりにアップで撮影可能です。
以下に、ホシガラスを撮影した写真を示します。

木の上で佇むホシガラス。
設定:fl 200mm, f4.5, ss1/500, iso500

木の上で佇むホシガラス。
設定:fl 200mm, f4.5, ss1/500, iso200

これでもいまいちズーム倍率が足りない…という方は、ED12-100mmの代わりにED12-200mmを使うか、オリンパスのカメラ本体に内蔵されているデジタルテレコン機能を使いましょう。
いずれも、換算400mmまでのズームが可能です。

換算50~200mmの望遠領域で、山を切り取れる

ED12-100mmにおいて、50~200mmの焦点距離を使うと、いろいろな構図を使い山を切り取って撮影可能です。
以下に、焦点距離を変えて山を撮影した写真を複数示します。

以下は、仙丈ケ岳を撮影したものです。
仙丈ケ岳だけを切り取ってしまうと味気がなかったため、中望遠領域の換算焦点距離88mmを使い、前景として木を取り入れました。

稜線上から、仙丈ケ岳を撮影。
設定:fl 88mm, f16, ss1/125, iso200

以下は、冠雪した塩見岳を撮影したものです。
やはり塩見岳のみを切り取ってしまうと味気がなかった為、換算焦点距離122mmを使って、白く染まった森林を前景として取り入れました。

冠雪した塩見岳を撮影。
設定:fl 122mm, f8, ss1/1000, iso200

以下は、夕焼け(アーベントロート)に染まる塩見岳を撮影したものです。
テレ端に近い換算184mmの焦点距離を使い、塩見岳をアップで撮影しています。

アーベントロートに染まる塩見岳を撮影。
設定:fl 184mm, f8, ss1/200, iso320

このように、ED12-100mmでは、その広い焦点距離を用いて、様々な構図で山を撮影することができます。

6.5段分の超強力手振れ補正で、手持ち夜景撮影に強い

ED12-100mmのオススメポイント4つ目は、手振れ補正が強力な点です。
ED12-100mmとOM-D E-M1 MarkⅡを組み合わせると、6.5段分の強力な手振れ補正を有するカメラ一式となります。
(通常、他社では5~5.5段の手振れ補正が一般的です)

以下に、日の出前のマジックアワーを手持ち撮影した作例を示します。
中望遠領域で、尚且つシャッタースピード1/25と手振れが発生しやすい状況でしたが、全く手振れすることはありませんでした。

日の出前のマジックアワーを手持ち撮影。
設定:fl 62mm, f4, ss1/25, iso1600

防塵・防滴性能を有する

ED12-100mmのオススメポイント5つ目は、防塵性を有する点です。
防塵性のないズームレンズの場合、気を付けないとレンズ内にチリや埃が混入しやすいです。
この点、ED12-100mmはチリや埃の舞いやすい登山でも、安心して使うことができます。

また、ED12-100mmは防滴性を有します。
小雨程度であれば、問題なく撮影できるでしょう。

デメリットは、マイクロフォーサーズレンズにしては重いこと

と、ここまでいいことづくしのED12-100mmですが、1つだけデメリットが存在します。
それは、重量が561gと、マイクロフォーサーズ用レンズとしては重いレンズとなっている点です。これは、マイクロフォーサーズよりも1ランクセンサーサイズの大きい、APS-C用の高倍率ズームレンズとほぼ同等の重さです。
軽量コンパクトを売りにするマイクロフォーサーズの訴求ポイントからは、やや外れた位置にあるレンズということが言えそうです。

しかし、ED12-100mmには前述したとおり5つのメリットがあり、なおかつプロレンズとして申し分のない画質を誇ります。
個人的には、マイクロフォーサーズをメインカメラとしているのであれば、重さを許容してでも購入したいレンズです。

カメラやレンズを安く買う方法について

カメラやレンズを安く買うためには、ネットショップを利用するのが一番です。
この中でも、一番オススメするのが価格.com…ではなく、YAHOOショッピング、次いで楽天です。
以下に理由を記載します。

実質価格が最も安い

YAHOOショッピングや楽天をオススメする1つ目の理由は、高額ポイントが付くため実売価格が安くなる点です。

YAHOOショッピングでは6%、楽天では4%のポイントが付くことが多いのですが、カメラやレンズの価格はモノによっては10万円近くするため、このポイントが侮れない価格になります。
(尚、このポイントはクレジットカードのポイントの事ではなく、それぞれのショップ独自のポイントの事です)

筆者が調査した中では、製品にも寄りますが、YAHOOショッピングが最も安く、次いで楽天、3番目に価格コム、最後にamazonとなることが多かったです。

以下に、主なネットショップサイトにおける、富士フイルムの主なレンズやカメラの価格を記載します。(2020/3/19現在、実売価格からポイントを差し引いた金額を記載)

Yahoo
ショッピング
楽天価格
.com
amazon
XF16mmF1.4R WR104,565円107,876円106,049円110,000円
X-H1101,990円104,160円102,998円108,500円
XF16-55mmF2.8 R LM WR112,610円115,199円113,500円121,760円

・表中の値は、2020/3/19現在の価格
・Yahooショッピングと楽天では、販売価格からポイントを引いた金額を記載


尚、YAHOOや楽天で最安値の新品を探すのには、ちょっとしたコツがいります。以下の図に、最安値を探す方法を記載します。

(YAHOOショッピングで最安値を探す方法)

(手順1) Yahooショッピングのサイトで、買いたい商品の一覧を表示します
(手順2)商品の下に表示されている「この商品の最安値を見る」をクリックします


(手順3)「新品の最安値の商品を見る」をクリックします

(手順4)自動で、最安値のショップに遷移します。


(楽天で最安値を探す方法)

(手順1) 楽天のサイトで、買いたい商品の一覧を表示します
(手順2)商品の下に表示されている「最安ショップを見る」をクリックします

(手順3)自動で上記画面に遷移します。最も上部に表示されているのが最安値のショップになります。

クレジットカード払いができる

YAHOOショッピングや楽天をオススメする2つ目の理由は、クレジットカード払いができる点です。
この分、短納期で商品を手に入れられますし、別途クレジットカードのポイントも付いてきます。

価格.comで取り扱っているショップではクレジットカード払いに対応していないところが多く、納期が遅れる銀行払いにするか、着払いにして手数料を払う必要が生じます。


今回の記事は以上になります。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!