Translate

自宅でできるダウンやシュラフの保管/洗濯(クリーニング)方法の紹介

山で使ったダウンやシュラフをそのまま放置しておくと保温性が悪化したり、最悪の場合にはカビが生えたりします。
一度保温性が悪化したダウンを再生したり、保温性を悪化させずにカビを取ったりすることは非常に困難です。

そこで今回の記事では、ダウンやシュラフの保管、洗濯(クリーニング)方法についてまとめます。

保管方法

山行から帰ってきたら、山で使ったダウンやシュラフの圧縮(コンプレッション)を解除して1日以上は風通しのいいところで陰干ししましょう。
影干し後は、圧縮せずに収納しましょう。

ダウンやシュラフは圧縮(コンプレッション)できるものが多いです。
しかし、圧縮したままこれらを放置しておくとボリュームがなくなり、断熱層である空気を取り込むことができなくなって保温性が悪化します。

また、ダウンやシュラフは人のかいた汗を多く吸収しています。
汗はカビにとって栄養の宝庫であるため、乾かさずにいるとカビが繁殖します。
ダウンやシュラフに使える洗剤は限られているため、一度カビの生えたダウンやシュラフからカビを取り除くことは困難です。

ダウンの圧縮(コンプレッション)を解除してから一日影干しし、その後収納しましょう。
収納時にも圧縮はしないように。


シュラフも同様に、 圧縮(コンプレッション)を解除してから一日影干ししましょう。
mont-bellのシュラフであれば保管用の袋が付いています。
シュラフの保管には場所を取るため、壁掛けでもいいでしょう。
インテリア的にもおしゃれかと思います。


洗濯(クリーニング)方法

一年に一度は、ダウンやシュラフを専用洗剤で洗濯(クリーニング)しましょう。
筆者は、mont-bellのO.D. MT ダウンクリーナーを使用しています。

2年ほどシュラフを洗濯せずに使っていると、カビ臭や青カビの斑点が出てきます。(筆者経験済み)
通常の衣類であれば、酸素系漂白剤を主成分とする花王のワイドハイターEXで青カビを落とすことができます。
しかし、シュラフやダウンに使われている羽毛では、酸素系漂白剤で洗濯すると保温性が悪化します。
これは、羽毛には保温性の元となっている動物性の油が付いており、この動物性の油が酸素系漂白剤で洗い流されてしまう為です。
これは通常の洗剤を用いた場合でも程度が軽いだけで、同様のことが起こります。

考えてみてください。テント泊において、重いけど暖かくないシュラフを持っていく気分を…。
もはや歩荷です。

そこで、シュラフやダウンは、カビが生える前に動物性の油を落とさない専用洗剤でクリーニングする必要があります。

使い方は簡単。
洗剤をよく振り、洗濯機で水15Lに対し本洗剤をキャップ2杯分の量で入れておしゃれ着モードで洗濯するだけです。
(詳細な洗濯方法は、洗剤に記載されている使用方法をご覧ください)

それでもカビが生えてしまったら…

それでもカビが生えてしまったら、多少の保温性の悪化を覚悟し、酸素系漂白剤を主成分とする花王の「ワイドハイターEX」で洗濯しましょう。
青カビであれば落とせることが多いです。(筆者経験済み)

ワイドハイターEXを使ったカビの落とし方については、以下記事に詳細を記載してあります。

登山をしていると、すごく汗をかきますよね。当然、帰宅したら登山服を洗濯しますが、人間の皮脂は洗濯では完全に取り切れず、数か月もすると悪臭が...



今回の記事は以上になります。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!