Translate

登山にオススメしたいレンズ3選

レンズによって、吐き出される絵や、得意とする被写体、時間帯が異なります。
どのレンズを付けて山にいこうか、あるいはどのレンズを購入すべきか、悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回の記事では、筆者が撮影した写真を交えて、登山にオススメしたいレンズを3種類紹介します。

合わせて読みたい記事

以下の記事を読んでおくことで、本記事の理解が深まります。

山に登ると、素晴らしい景色を楽しむことができます。この景色を、記憶だけでなく記録(写真)に残したいと考える方も多いと思います。 カメ...
山に登ると景色がすばらしいです。この景色を記憶だけでなく、記録(写真)に残したい!と考える方も多いかと思います。 そこで大事になって...
前回の焦点距離に関する記事はこちらを参照 山岳撮影において特に大事となってくるカメラの設定値は、焦点距離、F値(絞り)、シャッター速...

本記事の対象者

  • すでにレンズを数本とカメラ本体を保有しており、どのレンズを付けて山にいこうか悩んでいる人
  • すでに一眼レフカメラやミラーレスカメラを保有しており、登山向けにレンズの買い増しを検討している人
  • 一眼レフカメラやミラーレスカメラと一緒にレンズの購入を検討している人

便利ズーム

1つめのオススメレンズは便利ズームです。
広角域~望遠域の焦点距離をカバーできるレンズを、便利ズームと呼びます。
便利ズームがあれば、広大な稜線や近くの山並みから、遠くの山のアップ、動物の撮影までを1本のレンズで済ませることができます。

撮影対象が変わってもレンズを交換しなくていい、というのが便利ズームの最大のメリットです。
レンズを交換しているうちにシャッターチャンスを逃したり、レンズの交換をためらいそもそも写真を撮らなくなる、などのリスクを回避することができます。

筆者が愛用している富士フイルム社製の便利ズーム、XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRを用いて撮影した作例を紹介します。換算で27-206mmまでの幅広い焦点距離をカバーできる高倍率ズームレンズです。

裏銀座の稜線を、レンズの広角端を使って撮影。焦点距離(換算)27mm
広大な稜線を1枚に収めることができた。


夕暮れの剱岳と雪面を、レンズの中望遠域を使って撮影。焦点距離(換算)66mm
剱岳をアップで捉えることができた。


鹿島槍ヶ岳にて冬毛の雷鳥カップルを撮影。焦点距離(換算)203mm
離れた距離にいる雷鳥をアップで捉えることができた。


各社、便利ズームを発売しています。
例えば、オリンパスではM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROが便利ズームに相当します。換算で焦点距離24-200mmをカバーするレンズです。

超広角~広角ズーム

2つめのオススメレンズは、超広角~広角ズームレンズです。
このレンズは 、

・樹林
・稜線
・複数の山
・山の全体

などの風景を撮影するのに適しています。風景撮影のスペシャリストです。
筆者が愛用している富士フイルム社製のXF10-24mmF4 R OISを用いて撮影した作例を紹介します。換算で15-36mmの焦点距離となっており、超広角~広角~標準域をカバーするレンズです。

残雪期の南アルプス3,000m峰クインテッド、仙丈ケ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳を撮影。
換算焦点距離15mm(超広角域)
離れた距離にある5峰を1枚に収めることができた。


厳冬期の天狗岳(八ヶ岳)を撮影。換算焦点距離15mm(超広角域)
双峰、空、手前の登山道を1枚に収めることができた。


残雪期の浅間山(前掛山)の頂上を目指す登山者の後ろ姿を撮影。換算焦点距離36mm(標準域)


尚、富士フイルムは似たコンセプトのレンズでXF8-16mmF2.8 R LM WRを発売しています。こちらは換算の焦点距離が12-24mmとなり、前述のXF10-24mmF4よりも超広角側に特化した仕様となっています。

XF8-16mmのメリットは、F値が2.8と明るく夜間の撮影に強いこと、防塵防滴仕様となっていること、そして出てくる絵がとにかく綺麗だと言われていることです。
デメリットは、標準域が使えないこと、手振れ補正が使えないこと、そしてとにかく値段が高いことでしょうか。
(手振れ補正については、レンズが明るくシャッタースピードが稼げることと、そもそも超広角域では手振れの影響を受けにくいため、あまり気にする必要はありません)



各社、超広角~広角ズームレンズを発売しています。
例えば、オリンパスではM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROが超広角~広角ズームに相当します。換算で焦点距離14-28mmをカバーするレンズです。

明るい広角単焦点レンズ

3つ目のオススメレンズは、F値が2.0以下の明るい広角単焦点レンズです。
単焦点レンズではズームはできませんが、その代わりに明るいレンズが多いです。夜明け前のマジックアワー、星空、夜の宴会を撮影するのに最適です。

筆者が愛用している富士フイルム社製の広角単焦点レンズ、XF16mmF1.4 R WRを用いて撮影した作例を紹介します。換算で24mmの広角レンズです。

未明の基礎駒ケ岳~空木岳間の稜線にて。稜線が青とオレンジ色に染まる、いわゆる「マジックアワー」


燧ケ岳を前景にし、満点の星空を撮影。


山小屋前での乾杯を撮影。登山を終えた後の至福のひと時。


残雪に覆われる鹿島槍ヶ岳を前景に、満点の星空を撮影。


未明の仙丈ケ岳稜線上から、マジックアワーに染まる山並みを撮影。


厳冬期の北岳を前景に、満点の星空を撮影。


各社、明るい広角単焦点レンズを発売しています。
例えば、オリンパスやパナソニックではLEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH.がこのレンズに相当します。
パナソニックとオリンパスとではマイクロフォーサーズという規格を採用しており、お互いのレンズを使うことができます。
このレンズは換算24mmの広角域をカバーし、F1.4の明るいレンズとなっています。

レンズ記事の紹介

今回の記事中で紹介した一部のレンズについては、以下の記事中でレビューしています。合わせてご覧いただければ幸いです。

筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」(以...
筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンレンズXF10-24mmF4 R OIS」(以下、XF10-24mm)を登...
筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンXF16mmF1.4 R WR」(以下、XF16mmF1.4 R WR)を...
本記事では、ブルーアワーを撮影するための機材や、撮影条件について紹介します! ブルーアワー(マジックアワー)とは ブルーアワー...



さて、今回の記事「登山にオススメしたいレンズ3選」如何でしたでしょうか。
皆さんの山行が明るいものとなることを祈っています。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

コメント

  1. Maki より:

    アラフォー、シンガポール在住で、ヒマラヤに登り始めました。ヒマラヤといっても、日本の山と比べると観光地化が進んでおり、テント泊が必要ない範囲で5000m以上のピークにアクセスできるため、それなりの装備と根性があればむしろ初心者に優しいです。春にランタンを歩き、もっといいカメラで山を撮りたいと思ったのが、ここを訪ねたきっかけです。非常に勉強になりました。今まで私にとってカメラはダイビングで使うだけだったのですが、自分は極めて曖昧にカメラを選んできたんだなーと痛感しました(笑)。他の登山系・写真系サイトからも得るものはありましたが、フルサイズのデカい一眼を使わずにいかに上手に山や星空を切り取るか という記事にはあまりお目にかかれなかったので、そこから色々(代替し得るハイエンドコンデジは無いか?とか)調べるきっかけにもなりました。ホントにありがとうございました!

  2. 管理者 より:

    まきさん

    コメントありがとうございます。
    そのように言っていただければとてもうれしいです。
    あまりコメントが付くことがなかったので、記事を見てくれている人がいると記事執筆のエネルギーになります。
    ヒマラヤの写真、是非お目にかかりたいものです。twitterやinstagramなどにアップされた際は、是非一報いただけないでしょうか。

error: Content is protected !!