Translate

一泊登山時カメラ装備の紹介(カメラ一台持ち編)

筆者が一泊以上の登山に行く際には、ミラーレスカメラ1台、交換レンズ2本、これらを収納するケース、星空撮影用の三脚などを持っていきます。

昼間にはズームレンズを使い、様々な画角(焦点距離)で撮影をし、夜には暗いところでも撮影可能な機器を使い、星空やマジックアワーを撮影するためです。

今回の記事では、これら撮影機材の紹介をします。

カメラ本体 X-T3

カメラ本体には、富士フイルムのX-T3を使っています。

X-T3はAPS-Cのセンサーと、2,610万画素を誇る高画質ミラーレスカメラです。
重量はわずか489gと軽量です。山では荷物が軽いは正義です。
防塵防滴、耐寒仕様で、山の過酷な環境でも比較的安心して使用することができます。

山に登ると、素晴らしい景色を楽しむことができます。この景色を、記憶だけでなく記録(写真)に残したいと考える方も多いと思います。 カメ...

富士フイルムのカメラには、フィルムシミュレーションといって写真の彩度や階調をアナログフィルムに合わせて手軽に変更できるモードが備わっています。
フィルムシミュレーション・Velviaモードで撮影することで、色鮮やかに撮影することができます。RAW現像無しでもとても美しい色を吐き出してくれるカメラです。

フィルムシミュレーション・Velviaとは 富士フイルムから発売されているミラーレスカメラ・Xシリーズには、フィルムシミュレーション...

カメラケース HAKUBA トップローダーズーム

X-T3は、HAKUBA社のカメラケース「トップローダーズーム」に収納しています。
トップローダーズームを体の前面に付ければ、撮影時にすぐにカメラを取り出すことができます。

このケースはカメラ全体を覆えるため、カメラに埃や傷がつくのを防止できます。
トップローダーズームには小物入れが豊富についており、予備バッテリー、ブロワー、クリーニングクロスなどを豊富に収納可能です。
トップローダーズームにはレインカバーが付属しています。本体の防塵防滴性と合わせて、カメラを二重に防御できます。

山登りにおいて、一眼レフやミラーレスカメラを使うと美しい景色を写真に残すことができます。一方で、一眼レフやミラーレスカメラはサイズが大きく...

ズームレンズ

昼間の明るい時間帯には、X-T3にズームレンズを付けています。
登る山や撮影したい対象によって、山に持っていくズームレンズを変えています。

選択肢1 XF10-24mmF4 R OIS

選択肢1はXF10-24mm F4 R OISです。

このレンズは換算で15~36mm(超広角、広角、標準域)をカバーする超広角ズームレンズです。
このレンズの超広角~広角域を使えば樹林、稜線を広く写したり、離れた距離にある複数の山を1枚に収めることができます。
まさに風景撮影のスペシャリストです。
また、標準域を使うことで人や花をアップで撮影することも可能です。

火打山、苗場山、仙丈ケ岳、乗鞍岳など稜線のなだらかで美しい山、秩父などの樹林帯がメインの山に登るときや、複数の山が連なった山域に登る際には、XF10-24mm F4 R OISを使用しています。

筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンレンズXF10-24mmF4 R OIS」(以下、XF10-24mm)を登...

選択肢2 XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

選択肢2はXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRです。

このレンズは換算で27-206mm(広角~中望遠~望遠)をカバーする高倍率ズームレンズです。いわゆる便利ズームと呼ばれるものです。

このレンズの広角域を使えば山並みや稜線を撮影できます。
中望遠域を使えば、山をアップで切り取り、
望遠域を使えば、雷鳥やオコジョをアップで撮影することができます。

1本のレンズで様々な被写体を撮影できる、まさに「便利ズーム」です。
画質もとても良いです。

近くに北岳、槍ヶ岳、剱岳などの尖った山がありアップで撮影したいとき、雷鳥を撮影したいときなどには、XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRを使用しています。

筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」(以...

星空撮影用レンズ XF16mmF1.4 R WR

星空やマジックアワーの撮影には、XF16mmF1.4 R WRを使用しています。

解放F値が1.4と抜群の明るさを誇るレンズで、暗いところにはめっぽう強いです。
三脚を使えば星空が撮影可能ですし、マジックアワーであれば十分手持ち撮影が可能です。

筆者は、富士フイルム社製のミラーレスカメラ用交換レンズ「フジノンXF16mmF1.4 R WR」(以下、XF16mmF1.4 R WR)を...
本記事では、ブルーアワーを撮影するための機材や、撮影条件について紹介します! ブルーアワー(マジックアワー)とは ブルーアワー...

交換レンズ用ケース

本体に付けていないレンズは、AMERTEERのレンズケースに収納してからザックの中に入れています。

このケースは耐衝撃性、防水性、防塵性を有しており、山の過酷な環境でレンズを持ち運びするのにおすすめできます。
山で雨が降ってきたときに、ザックにレインカバーを付けていても隙間から水が浸水し、ザック内部が濡れてしまうというのはよくある話です。
また、荷物を取り出したときにザックの中の交換レンズを落下させてしまうこともあります。
このような場合でも、AMERTEERのレンズケースに入れておけば安心です。
4サイズをまとめて購入することができるため、様々な大きさのレンズに対応可能です。

三脚

星空撮影には、SLIKライトカーボン E63を使用しています。

星空撮影では20秒程度シャッターを開き続けるため、ブレに気を付ける必要があります。(手振れ補正機能は、三脚使用時には使えません)
SLIKライトカーボンE63は高剛性と軽量さを両立した三脚であり、登山にとてもおすすめできます。(重量は約1kg)

予備電池 or モバイルバッテリー

筆者は、一日目の終わりから二日目の早朝にかけて、1本目のバッテリーを使い切ります。よって、必ず予備バッテリーNP-W126Sを持っていくようにしています。

尚、純正よりも10分の1も値段の安いロワジャパン製のバッテリーもあります。
ネットでも評判が良く、筆者も前機種のX-T1を含めて1年以上このバッテリーを使用していますが、特に問題は起きていません。
(尚、使用される場合は自己責任でお願いいたします。非純正バッテリーを使ってカメラが故障しても、メーカーは保証してくれません。)

尚、X-T3はモバイルバッテリーを使って充電することができます。
予備バッテリーの代わりに、モバイルバッテリーで代用することも可能です。
撮影しながらの充電も可能です。

メーカー推奨のモバイルバッテリーは、Ankerの「PowerCore Speed 20000 PD」及び「PowerCore+26800 PD」の2機種になります。

ブロワーとクリーニングクロス

レンズや保護フィルターに汚れや水滴が付いてしまった場合に、これらを除去するためのブロワーとクリーニングクロスを持っていきます。

登山にカメラを持っていくと、埃でレンズが汚れます。また、小雨に振られたりした場合には、水滴が付くことも...。 この状態で撮影をする...



今回の記事は以上になります。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!