Translate

週末に一泊二日で登れるアルプス登山コースの紹介

平日には仕事をし、週末に登山をするスタイルの方は多いと思います。
筆者もこのスタイルが多いです。

日本は多くの山に恵まれています。
日本100名山だけではなく、日本300名山や、花の100名山、100高山などもあります。

これらの山々の中でも、ひときわ大きなスケール感を放つのが標高3,000m級の山岳が連なる日本アルプスです。
筆者が初めて日本アルプスに登った際には、どこまでも続く稜線や深い山々に圧倒されてしまいました。
また、日本アルプスは日本雷鳥の生息地となっており、運がよければ雷鳥に遭遇することができます。筆者の感覚では、雷鳥との遭遇率は25%程度でしょうか。
天気が悪いほど雷鳥との遭遇率が高まります。

日本アルプスは山深い分、多くの山行日数を必要とします。
例えば南アルプスを全山縦走しようとした場合には1週間では足りず、10日間が必要となります。

一方、日本アルプスの一部の山に登るのみであれば、土日を使い一泊二日で登頂することが可能です。
場所によっては、1峰だけではなく2峰に登頂可能なところもあります。

そこで、今回の記事では土日を使い一泊二日で登ることができる日本アルプスの登山コースを紹介します。

注意点

始めに注意点について述べておきます。
安全に、誰にも迷惑を掛けずに登山をするのが大前提となる為です。

残雪を事前に確認しておこう

アルプスは標高が高いため、7月を過ぎても登山道に残雪が残っていて夏山装備では登れないことがあります。
(特に日本海側に近い北アルプスでは、この傾向が顕著です)
必ず、宿泊予定の山小屋のホームページを見るか、場合によっては電話で問い合わせることで、登山道の状況を事前に確認しておきましょう。

小屋泊の場合は事前に予約をしておこう

一部の山小屋を除き、山小屋に泊まる場合には事前予約が必須です。
予約無しで宿泊した場合、小屋側は断ることができず、食料や寝床の確保で山小屋の人を大変困らせてしまいます。

逆に、予約後に宿泊予定がなくなった場合には、必ずキャンセルの電話を入れましょう。
キャンセルをしなかった場合、遭難したと勘違いされて捜索願いを出されたり、貴重な食料を無駄にしてしまいます。
キャンセルをするタイミングは早いに越したことはないですが、当日でもかまいません。無断キャンセルをするよりははるかに良いです。

高山病に気を付けよう

標高2,000m後半の山岳では、空気の量が地上の3分の2程度になるため高山病にかかるリスクがあります。
高山病になったまま登山を続けると、集中力がにぶり怪我をするリスクが高まります。

標高2,000m前半の山に慣れてきた段階で、日本アルプスに登るようにしましょう。
また、高山病になってしまった場合には無理をせず、こまめに休憩を取るか引き返す判断をしましょう。

南アルプス

登山コースの紹介に移ります。
まずは南アルプス編です。

南アルプスは太平洋側に近く、まとまった降雪があるのは2~3月に南岸低気圧が通過するときです。南岸低気圧の通過する回数は限られているため、南アルプスでは北アルプスよりも積雪量が少なくなります。

積雪量が少ない分、南アルプスでは比較的高い標高でも大きな樹木が育つことができるため、標高2,600mまで鬱蒼とした樹林帯や苔を楽しむことができるのが特徴です。
一方、標高2,600m以上では、大展望を楽しむことができます。

北岳

広河原を起点とし、北岳山荘北岳肩の小屋に宿泊することで、北岳に1泊2日で登ることができます。
北岳は標高3,193mを誇る、日本で2番目に高い山です。
左俣コースを通れば9月でも登山道の脇に残雪を見ることができます。

森林限界を過ぎると、北岳南側の大迫力の斜面、通称「北岳バッドレス」があなたを出迎えてくれます。

北岳山荘や北岳肩の小屋は、南アルプスでは珍しい森林限界よりも上に位置する山小屋です。
夜に小屋の外に出ると、運が良ければ満開の星空や、月明りに照らされる北岳や、甲府夜景を見られるでしょう。

余裕があれば、北岳のさらに先にある間ノ岳を目指してもよいでしょう。
間ノ岳は日本第3位の標高を誇る高峰です。
北岳~間ノ岳間の稜線では、絶景の稜線ハイクを堪能することができます。

2017/9/2~3の日程で、南アルプスの北岳と間ノ岳に一泊二日のテント泊にいってきました! 北岳と間ノ岳の紹介 北岳と間ノ岳...

甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳

北沢峠にあるこもれび山荘長衛小屋を起点として、甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳に登ることができます。
甲斐駒ヶ岳は尖ったピークが特徴的な岩山、仙丈ケ岳はなだらかな山容が特徴的な南アルプスの女王です。
特徴の異なる山を1度に楽しむことができます。

7月中旬には高山植物の開花時期を迎えます。
多種多様な高山植物を楽しみながら登山をすることができます。

海の日の連休を利用し、2017年7月15-16日の日程で、南アルプスの甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳に一泊二日のテント泊登山にいってきました! ...

鳳凰三山

青木鉱泉を起点とし、ドンドコ沢コースを通り鳳凰三山に登ることができます。
鳳凰三山とは、地蔵岳、観音岳、薬師岳の総称です。

ドンドコ沢コースでは、その名の通り多種多様な沢や滝を楽しむことができます。地蔵岳~観音岳~薬師岳の稜線上では、絶景の稜線ハイクを楽しむことができます。

宿泊場所の選択肢は薬師岳小屋鳳凰小屋があります。

薬師岳小屋は2018年にリニューアルしたばかりの新しい小屋で、森林限界よりも上に位置する見晴らしのよい小屋です。

鳳凰小屋は昔ながらの山小屋です。
薬師岳小屋にはテント場がないため、テント泊をするのであれば鳳凰小屋の1択となります。



次は北アルプス編です。

スポンサーリンク

share me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

follow me!

error: Content is protected !!